カボス、レモン、しそ、みょうが、薬味

2021年9月19日に放送された「がっちりマンデー!!」は沸騰!レモンバブル

レモンサワーやレモネード専門店、お菓子やカレー、牛丼でもレモン味が大人気!
そんなレモンバブルの真っ只中でがっちりな企業を取材!

こちらではまるか食品の「イカ天瀬戸内れもん味」のお取り寄せの紹介です!

スポンサードリンク

瀬戸内レモン

昨今のレモンバブルで見逃せないキーワードが瀬戸内レモンという言葉。

いつからこんなに瀬戸内レモンが人気なのか?
ということでやって来たのはJA広島果実連。

広島県町で農業部門を担当してた福本さんに話を聞きます。

福本さんによると2012年に「おしい!広島県」という広島のイメージアップキャンペーンがありました。

「おしい!広島県」はいいモノなのに全国的に知られていない広島県の名産品を
「おしい!」としてアピールするキャンペーンですが、
この時、熊野町の化粧筆や三原市の三原タコなどとともに取り上げられたのが広島のレモンでした。

広島のレモン生産量は日本一なのにあまり知られていなかった。

そこで福本さんらは様々なメーカーに広島のレモンを売り込み、
以来広島のレモンを使った商品が少しずつ登場し始めます。

イカ天瀬戸内れもん味

中でも瀬戸内レモンの名を一躍全国区にした商品を作っているのが広島県尾道市のまるか食品。

まるか食品の大ヒットレモン商品がイカ天瀬戸内れもん味。

2013年に発売し瀬戸内レモンを一気に世に知らしめました。

イカ天瀬戸内れもん味で年7億円の売上げ!

>>まるか食品 イカ天瀬戸内れもん味30g×10袋〜瀬戸内ブランド認定商品〜

スポンサードリンク

まるか食品は1961年の創業以来、
イカ天というスルメを揚げた広島でよく食べられているおつまみを作っていた会社ですが、
2012年に「何か新商品を作れないか?」と考えていた川原社長。

「おしい!広島県」でレモンが取り上げられているのを知りひらめきます。

レモンは唐揚げにかけるくらい揚げ物との相性は抜群。
それなら「イカ天にレモンだって合うはずだ!」というわけでイカ天とレモンの新商品開発を決定。

そしてターゲットにしたのは広島に来る女性観光客。
商品が女性向けなので女性の開発チームをつくります。

こうして結成されたのが女性開発チームは社長が思いも寄らない商品を編み出します。

それま今までのイカ天の9分の1の小ささのひと口サイズのイカ天でした。

これを見た川原社長は反対しました。
小さいサイズだと全体のボリューム感がなくなる…。

しかし、川原社長は半信半疑のまま渋々売出し開始。

するとこれが、食べやすくてレモン味がおいしいと女性の観光客にバカ売れしたのです。

このイカ天瀬戸内れもん味のヒットをきっかけに
しょっぱいものとレモンの組み合わせは「あり」というのが食品業界にあっという間に広がり、
瀬戸内レモンのラーメンやカレー、うどんなどお菓子以外でも瀬戸内レモンの商品が登場し、瀬
戸内レモン市場はさらに成長していったのです。

まるか食品のイカ天は色々な味があります↓

>>1000円ポッキリ 送料無料 まるか食品 イカ天 & のり天 2袋買い回り お菓子 自由 おつまみ おやつ 瀬戸内 オリーブ レモン れもん ブルーチーズ カボス いか かぼす ポスト投函 ステイホーム 家飲み 広島 ご当地 スナック 全国 広島 限定 スナック

まとめ

TBSテレビがっちりマンデー!!の放送より

まるか食品の「イカ天瀬戸内れもん味」のお取り寄せのを紹介しました。
よかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク