【ヒルナンデス】おすすめ新作花火!余った花火の保存方法ほか

花火
2017年8月7日放送の「ヒルナンデス」。

今回は夏休みスペシャル
親子が職人に学びたい10のこと。
ゲストは浅香唯さんと陽舞莉ちゃん親子。

弟子入りするのは手持ち花火の職人。

今回は、「オススメの新作花火」
「花火はどれくらいもつ」
「余った花火の保存方法」を学びます!

スポンサードリンク

1947年創業の長谷川商店

一行が訪れた江戸通りは人形・手作りアクセサリーなど
主婦におなじみの店が並び、花火の問屋さんも多い。

1947年創業の長谷川商店はバラ売りやセット、
噴出花火など約500種類の花火が並び
夏休み中は家族連れでにぎわうそうです。



花火についてのギモン

長谷川商店の花火職人の
長谷川公章さんに教えてもらいます。。

親子100人の花火についてのギモン。

【あまった花火の保存方法は?】
袋から出して新聞紙で包んで保存します。

花火の火薬は空気に含まれる水分などに
長時間さらされると湿気ってしまいます。

新聞紙に包んで紙袋に入れておくと
除湿効果がさらに期待できます。



【花火はどれくらいもつの?】
花火は湿気を防げば何年でも使えるとのこと。

業界の中では10年くらいを
目安にしているそうです。



おすすめ花火

【クルリンパ】

線香花火がダブル回転する花火。


【登龍】

スポンサードリンク

放射状に火花を散らしながら
青や緑の大きな炎が燃え盛ります。

45秒と長い時間楽しめる花火。




【なつやすみ】

激しい火柱が上がった後、
急におしとやかな花火に変わります。


【回転遊戯】

先端部分がプロペラ状になっていて
火の勢いで回転します。



【おやじのプ~船】

導火線に火をつけると激しい音がなり
お尻の風船がふくらむ花火。


「手持ち花火職人」に弟子入り第2弾はこちら↓
【ヒルナンデス】おすすめ花火!湿気った花火でも復活させる方法ほか

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ