【たけしの家庭の医学】心臓やわらか物質(SOD)を増やすには坂道で筋肉を鍛える!

ウォーキング

2017年8月22日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「腸漏れ&心臓やわらか物質&テロメア」

ここでは心臓やわらか物質SODについて紹介!

スポンサードリンク

心臓やわらか物質SOD

一生で約30億回拍動する心臓。

心不全を起こさないためにはどうすればいいのでしょうか。

心不全にならないための重要ワードが、
「心臓やわらか物質」。

心臓は、年を重ねると小さく硬くなります。

心臓が硬くなると1回の拍動で送る血液の量が減り
血液の量が常に不十分な状態となってしまいます。

送りだす血液の量が減ると
酸素や栄養分が全身で不足。

少し階段を登っただけで
息切れを起こしたり、
妙に疲れやすくなったりします。

心臓が硬くなる状態がさらに悪化すると、
重度の心不全を引き起こします。

心臓やわらか物質の正式名称は「SOD」。

体内に存在している酵素の一種で、
SODをたくさん分泌させることができれば、
心臓をやわらかくできる可能性があるとのこと。

山形大学が昨年10月に発表した論文によると、
60代の男女およそ3000人を、
SODがしっかり分泌できているグループと
そうでないグループとに分け、
10年間に渡って追跡調査したところ、
分泌できているグループの心不全での死亡率は、
そうでないグループに比べわずか6分の1だったとのこと。

東京都健康長寿医療センターの
原田和昌先生によると、
若い時の心臓の筋肉は軟式テニスボールのように
やわらかいが、
高齢者の心臓の筋肉は硬式テニスボールのように
硬くなるといいます。

心臓が硬くなると送り出す血液量は
どれくらい減るのでしょうか?

正常であれば1日に送り出す血液の量は7千リットル。

しかし心臓が硬くなった状態で血液を送り出す量は
3分の1は減少してしまうと言われています。

アメリカの研究ではSODの量が多い人ほど
寿命が長いという事も明らかになったのです。

スポンサードリンク



どの動物が一番SODが多い?

どの動物が最もSOD量が多いのか、血液を採取し、
1mlあたりに含まれるSOD量を測定しました。

・柴犬
・猫
・サル
・馬
・ハツカネズミ
・人間

結果、SOD量が最も多かったのは人間で値は6.2。
2位は猿、3位は馬、4位は猫、5位は犬、最下位はハツカネズミ。

一方、それぞれの動物の平均寿命は人間は80年、
猿は30年、馬は25年、猫は15年、犬は14年、
ハツカネズミは3年。

平均寿命もSODの順番と同じだったのでした。


SODを増やすには

40歳を過ぎると、SODは急激に減少します。

心臓をしなやかに保つためには、
SODの分泌を増やすことが重要。

高齢になってもSODを分泌させ、
心臓を若く保つ方々が暮らす街がありました。

原田先生いわく、「静岡・熱海市の高齢者は、
SODをしっかり分泌出来ている可能性がある」
といいます。

東京の高齢者と熱海の高齢者のSOD
どちらの人が多く分泌されているか測定しました。

70代の東京の男女のSOD平均値は3.6。
70代の熱海の男女のSODの平均値は4.4
でした。

どうしてこのようにSODに差が出ているのでしょうか?

原田先生によると、SOD分泌のポイントは坂。

SODは筋肉を鍛えると分泌されるが、
熱海は海岸から山までの距離が近く、
住宅が山に沿って建設されているため、
坂が多いのが特徴。

熱海在住の高齢者は坂を毎日歩いているため、
筋肉に負荷がかかり、
SODを大量に分泌していると分析。

SOD分泌ポイントは、坂道や階段をよく歩くこと

原田先生は、SODを多く出す歩き方のコツについて、
「階段昇降はゆっくりやった方が負荷になる。
ゆっくり体重をかける方が負荷になる」。

先生曰く、階段の歩き方はゆっくりでも
SODを多く分泌できるとのこと。

身近な階段で試してみてください。


この日のたけしの家庭の医学↓
【たけしの家庭の医学】腸もれ(リーキーガット)改善にお酢と食物繊維

【たけしの家庭の医学】心臓やわらか物質(SOD)を増やすには坂道で筋肉を鍛える!

【たけしの家庭の医学】マインドフルネスでテロメアを長くして長寿や老化防止!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ