【がっちりマンデー】カラオケビッグエコー(第一興商)は会議室にも地味チェンジ

カラオケ

2017年8月27日放送の「がっちりマンデー」は
いつの間にか変わってた?「儲かる!地味チェンジ!」

ここではカラオケビッグエコー
(株式会社第一興商)の紹介!

スポンサードリンク

カラオケビッグエコー

東京・新橋。
オフィス街のど真ん中にある
ビッグエコー新橋烏森口店。

ビッグエコーといえば真っ赤な看板で
お馴染みのカラオケのお店。

カラオケボックス業界No.1とのこと。

そんなビッグエコーがどこをどう地味チェンジしたのか?

地味チェンジしたカラオケルームをみせてもらうと
ソファーとテーブルのほかに大きなモニターがあって、
カラオケ用のリモコンとマイクが2本も
普通にセッティングされています。

地味チェンジが見当たらりません…。

店舗事業推進部の鈴木敬之さんに話を聞くと
「例えばこの電源タップですね。」

普通のカラオケにはないそうです。

そして、ビッグエコーはこの部屋で
ある事ができるように地味チェンジしました。

それは会議室!

ビッグエコーはカラオケルームを
会議室としても使えるように地味チェンジ。

平日の昼間、先程の部屋を覗いてみると
バリバリ働いていそうな会社の皆さまがいました。

この日はIT企業「NTTコミュニケーションズ」の
営業さんたちが、モニターを使って大阪のスタッフと
テレビ会議の真っ最中でした。

無料でWi-Fiに接続でき、
インターネット環境も快適。

必要とあれば卓上用のホワイトボードや
パソコンとモニターをつなぐためのHDMIケーブルも
タダで借りられます。

この会議室利用は
オープンの朝10時から夜7時までの
平日の限定サービス(ビジネスプラン)で
料金は1人あたり1時間600円。

カラオケ店なので1ドリンク付き。
喉をうるおすにはもってこい。

でも会社にも会議室くらいあると思うのですが、
どうしてわざわざビッグエコーまでやってきて会議を?

営業なので出先のお客様のところに行っていて
会社に戻るよりも近くのビッグエコーに来た方が
早かったので集まったそうです。

喫茶店だと大きな声で喋りづらかったりします。

でもカラオケルームだと個室で
社内資料も広げられるので
セキュリティーという面でも安心です。

もちろん会議だけでなく、
本来のカラオケとしても使えます。



ある悩みから生まれた発想

この地味チェンジ、ビッグエコーのとある悩みから
生まれたものなんです。

駅前の立地なので家賃はそれなりにかかる。
なので、なんとかルームの稼働率を上げたい。

外を見渡せばビジネスマンたちがたくさん歩いている…。

駅前の一等地、ビジネス街に多いビッグエコーは
皆さんが仕事をしている昼間の時間帯は
どうしても暇になりがち。

だったら「ビッグエコーで仕事もしてもらおう」
という逆転の発想で生まれたのが、
この会議室地味チェンジだったのです。


ビッグエコーのカラオケ料金は
店舗ごとに少し異なりますが、
会議室利用の場合はどのお店も一律の料金。

実はこれもビジネスマン向けの
料金設定とのこと。

同じ会議室目的で部屋を借りても
値段にバラつきがあると領収書をもらっても
経費として落としづらい。

だからビッグエコーは一律の値段にしたのです。

2017年4月から首都圏の27店舗で始めた
会議室への地味チェンジ。

平日昼間の売上げがこのビジネスプランで
5%程上がった店舗もあるとのこと。

この地味チェンジ、
ビッグエコーの全国526店舗に
少しずつ広がっていく予定とのことです。






【がっちりマンデー】写真館スタジオアリスが大人用に地味チェンジ!

【がっちりマンデー】カラオケビッグエコー(第一興商)は会議室にも地味チェンジ

【がっちりマンデー】なか卯はシニア向けに海鮮ちらし丼で地味チェンジ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ