【林修の今でしょ!講座】骨が老けない、徳之島の鹿児島県・伊仙町の長寿の秘密!豚肉や長命草

さとうきび畑

2017年8月29日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「健康長寿1000人に聞いた健康で老けない秘訣 」。

その中の日本の2大長寿の町を徹底取材。

ここでは骨が老けない町、鹿児島県・伊仙町の
6つの習慣について紹介!

スポンサードリンク

骨が若い町の町鹿児島県・伊仙町

今、名医が最も注目する日本の2大長寿町。

それは、突出して長寿の骨が若い町と血管が老けない町
この2つの町の秘密を名医が徹底解析します。

まずは骨が老けない町鹿児島県・伊仙町
伊仙町は奄美群島の中の1つで、
人口約27000人の徳之島にあります。

伊仙町は、日本最高齢の120歳を記録した泉重千代さん、
116歳までご存命だった本郷かまとさんを輩出。

現在も、町には元気なご長寿の姿があります。

伊仙町は100歳以上のご長寿が21人。

この伊仙町のご長寿たちに健康診断に
協力してもらったところ、
共通して骨密度が高かったのです。


伊仙町の長寿の習慣

【①豚肉をとにかくよく食べる】
伊仙町では、豚の骨付き肉が人気。

ご長寿たちのホームパーティーの様子を
見せてもらいました。

豚の豚骨汁がありました。
豚のアバラ肉は、味噌汁に入れるのが
伊仙町の定番とのこと。

伊仙町の長寿の秘密を、
名古屋学芸大学の下方浩史先生が解説。

実はこの豚肉を多く食べる習慣が
骨を老けさせない秘密

骨付きの豚肉を調理することで
たくさんカルシウムを摂取することができ、
これが強い体を作っているとのこと。

また、皮つきの豚足といわれるような豚肉も
アルギニンという成分が含まれています。

アルギニンはアミノ酸の一種で
成長ホルモンを刺激させるという作用があり
筋肉や骨を丈夫にさせるという作用があるとのこと。

【長寿の町・伊仙町に学ぶ!】
豚肉料理は骨つきを使う事で
骨と筋肉の老化防止に期待出来る

骨付き豚肉がない場合には、
骨付き鶏肉でも代用可とのことです。



【②野草をなにかと活用する】
島の至るところに生えている野草の長命草(別名:ボタンボフウ)。

強い日差しや潮風など厳しい自然環境で
自生する薬草で、ビタミン・ミネラルが豊富。

昔から島民に食されているそうです。

お母さんたちはこれを油で揚げ
小腹がすいた時に間食。
ジュースにしたりもするとのこと。

他にはヨモギを煮出してお茶にして飲む人や、
ヨモギ餅を食べる人がいました。

様々な方法で、伊仙町の町民は
野草を利用していました。

また伊仙町では、白砂糖に比べミネラル豊富な
黒砂糖をよく使っていました。

島の農業のおよそ5割を占めるサトウキビ
そのため砂糖は黒糖を使う家庭が大半。

長命草のサプリもありました↓



【③毎日とれる自然のミネラル】
また、塩も島の海水からミネラルたっぷりの
塩を作っています。

さらに伊仙町のある徳之島はサンゴ礁が
隆起した地質のため、雨水にミネラルが溶け出し
水道水にも高濃度のミネラルが含まれているとのこと。

【長寿の町・伊仙町に学ぶ】
骨の老化予防にはなるべく
硬度が高めのミネラルウォーターを飲む。

軟水はカルシウム・マグネシウムの含量が少ない水で、
硬水は含量が多い水をいいます。

飲み続けるのが難しい場合は
普段使う砂糖や塩をミネラルの多い
黒糖や岩塩に変える事でも補えるそうです。



【④牛の散歩で毎日2kg歩く】
徳之島では、およそ400年も前から
島の娯楽として島民に愛されている闘牛。

実は、ほとんどの家で闘牛用の牛を
飼っているんだそう。

そのため、強い牛を育てようと男性は
牛の散歩を欠かさない。

言うことを聞かないときは、
力ずくで牛を引っ張ることも。



【⑤毎朝、海中ウォーキング】
さらに朝5時半の海岸では、
膝に負担が少ない海でウォーキングしている
女性の姿があったのでした。



【⑥仕事は生涯現役】
伊仙町の長寿は、農業や牧畜で成形を立てているため
生涯現役が多い。



血管が老けない町についてはこちら↓
【林修の今でしょ】血管が老けない、静岡県川根本町の長寿の秘密!黒はんぺんやらっきょう

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ