【林修の今でしょ!講座】健康長寿が食べる発酵食品!ヨーグルト、納豆、みそ

納豆

2017年8月29日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「健康長寿1000人に聞いた健康で老けない秘訣 」。

ここでは健康長寿がよく食べる発酵食品について紹介!

スポンサードリンク

健康長寿の秘密に迫る

日本人の平均健康寿命を超えた
男女1000人の日常生活を調査。

その調査結果を名医が分析し、
健康長寿の秘密に迫ります。

ここでは健康長寿と発酵食品の関係について、
お茶の水健康長寿クリニックの
白澤卓二先生が解説。

健康長寿で重要なのは食生活。

今回の調査で、約9割のご長寿が
発酵食品を食べていたそうです。


発酵食品が身体によい理由

1.栄養素がパワーアップ
元々あった栄養素が発酵過程で数倍になることも。

2.新栄養素が誕生
発酵菌が作りだす栄養素があります。
例えば納豆だとビタミンK2というものがあり
大豆の中にはなく、納豆菌がつくっています。

3.栄養が吸収されやすくなる
微生物が消化を助けてくれるので、
吸収されやすくなります。


健康長寿が主に食べている発酵食品ベスト5

【第3位:味噌】

味噌には赤味噌と白味噌があります。

赤味噌にはメラノイジンが含まれていて
がんと闘う細胞を活性化する効果が期待できます。

白味噌にはGABAが含まれていて
リラックス効果や血圧低下などが期待できます。

なのでお味噌は赤みそ、白みそ両方食べたほうが良い。

また、味噌は量より毎食食べることが大切。




【第2位:納豆】

納豆はビタミンK2が豊富に含まれています。

ほかの発酵食品にはあまり含まれていない。

ビタミンK2はカルシウムを
骨まで届ける大切な栄養素。

骨粗しょう症の予防に役立ちます。

また、です納豆とキムチをいっしょに食べると、
キムチに含まれる乳酸菌が10倍に増える
そうです。

納豆が作る成分が乳酸菌のエサとなっている
からだと考えられています。

長寿の方も納豆とキムチをいっしょに
食ベている人が多かったのです。

101歳まで長生きしたプロスキーヤーの
三浦敬三さんは、毎朝納豆キムチ豆腐を
食べていたとのこと。

納豆を混ぜて糸を引くようになるのは、
グルタミン酸が糸状になり
美味しさがアップするためで、
これも健康長寿につながるとのこと。



更に最新研究で
納豆に新たな成分がみつかりました

ノーベル賞受賞者の大隅良典先生が
発見したオートファジー。

オートファジーは
細胞に貯まったごみを再利用し
老化防止に繋がるシステム。

納豆の中に入っている
スペルミジンという成分が
オートファジーで
ゴミの再利用を促進させます。

米国国立老化研究所も、
老化防止の方法の一つとして
スペルミジンの摂取を挙げています。

スペルミジンはほかにも
きのこにも豊富も含まれています。




【第1位:ヨーグルト】

健康長寿に話を聞くと
ヨーグルトを食べている人が多かったのでした。
中には毎食ごと食べている人も。

ヨーグルトはカルシウムが豊富で、
腸内環境を整えてくれます。

善玉菌が多い人は免疫機能が高く、
インフルエンザなど様々な病気になりにくい。

善玉菌を減らさないことが
老化防止の戦略になるため、
ヨーグルトの他にもキムチもオススメ。

ハーバード大学の研究では、
成人男女19万人を約30年間調査したところ、
ヨーグルトを毎日食べる人は食べない人に比べ、
糖尿病のリスクが18%減少したという結果も。

白澤先生によると、健康長寿になるために
ヨーグルトに足すと良いのがバナナ。

バナナのオリゴ糖と食物繊維が善玉菌のエサになり、
腸内環境を改善。

ヨーグルトの乳酸菌とWの効果が期待できます。




【第4位:漬物&第5位:キムチ】

第5位のキムチは取り上げられませんでした。

中でも健康長寿がよく食べる漬物が、ぬか漬け。

ぬか漬けにすることで、認知症予防に効果的な
ビタミンB1やビタミンB6が大幅にアップ。

ビタミンB1は脳の糖質代謝に必要で、
ビタミンB6は脳のアミノ酸代謝に必要。

更にぬか漬けには酪酸菌が
含まれていることがわかりました。

酪酸菌が作る酪酸は、免疫細胞を刺激して
腸の中の免疫機能を保ち、
腸の傷を修復する作用があるとのこと。

一種類の漬物よりも、色々な種類を
少しずつ食べるのが良いとのことです。


骨が老けない町についてはこちら↓
【林修の今でしょ!講座】徳之島の鹿児島県・伊仙町の長寿の秘密!豚肉や長命草

血管が老けない町についてはこちら↓
【林修の今でしょ】血管が老けない、静岡県川根本町の長寿の秘密!黒はんぺんやらっきょう

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ