【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金チェック方法や貯まる食べ方!

スポンサードリンク

老夫婦、病気、介護

2017年10月31日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「長生き」と「筋肉」の関係を学ぶ特別講座!

ここでは筋肉貯金チェック方法や貯まる食べ方の紹介!

スポンサードリンク

筋肉貯金

運動と筋肉について研究している
近畿大学の谷本道哉先生に
教えていただきます。

今回のキーワードは筋肉貯金。

加齢で落ちてくる筋肉を
今のうちに蓄えることで、
寝たきりになるなどのリスクを
回避することができます。



筋肉貯金チェック方法

イス1つで簡単にできる
筋肉貯金チェックを紹介。

【筋肉貯金チェックのやり方】

1.椅子に座り両手をクロスする。

2.前かがみになって足に
体重をのせて立ち上がる。

※反動をつけないようにします。

イスから片足で立てれば
筋肉貯金があるととのことです。

伊集院光さんは立ち上がれませんでした。

谷本先生によると、太っている人の方が
筋肉が落ちやすいとのこと。

スポンサードリンク



筋肉貯金が出来ている人が食べているもの

筋肉貯金が出来ている健康長寿1000人を徹底調査。

1位:肉

2位:大豆製品

3位:魚

健康長寿は、毎日たんぱく質をとって
筋肉貯金をしていました。

たんぱく質は筋肉の材料になる他、
筋肉の合成を促す働きもあります。

谷本先生によると、
食事を抜いたり一気食いをすると
血管に大きなダメージを与えるそうです。

たんぱく質だけでなく、
糖質を一緒に摂ると筋肉の合成が
約2倍になるそうです。

1回の食事での目安は、肉100gにごはん1杯。

糖質は吸収が速いほど太りやすいため、
食事の時に野菜から先に食べるベジファーストや
牛乳を一緒にのむとよい。



林修の今でしょ!講座↓
【林修の今でしょ!講座】AYA先生が教える筋肉貯金体操のやり方!

【林修の今でしょ!講座】基礎代謝が上がるスクワットのやり方!太らない体を作る

【林修の今でしょ!講座】猫背&肩こりを防ぐ筋肉貯金体操のやり方

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金体操&腹筋15回分の正しい座り方!by中村格子

【林修の今でしょ!講座】筋肉貯金チェック方法や貯まる食べ方!

コメントを残す

このページの先頭へ