【ヒルナンデス】タラとブリのおいしい魚の見分け方!レシピも

ブリのはちみつレモンバター煮

2017年12月6日放送の「ヒルナンデス」の
「今が旬!おいしい魚の見分け方を伝授」。

魚料理専門家、是友麻希さんが
おいしい魚の見分け方、レシピも紹介!

ここではタラの蒸しタラの海苔卵とじ&
ブリのはちみつレモンバター煮のレシピ

スポンサードリンク

タラ

タラは12月~2月が最も脂が乗っています。

身は白っぽいものよりピンクのものの方がおいしい。
古くなると白っぽくなります。

血合いの部分もピンクなものが良いそうです。

【蒸しタラの海苔卵とじのレシピ】

『材料』
生タラの切り身→2切れ

卵→1個

片栗粉→小さじ1

長ネギ→1/4本

みつば→2本

水→100cc

海苔の佃煮→大さじ3

『作り方』
1.タラは一口大に切り、ザルに入れ
熱湯をかけて湯通しをする。
※湯通しすることで特有の臭みを和らげます。

2.フライパンにタラとネギを敷き、
海苔の佃煮を水で溶いて入れる。

3.フタをして強火にかけ、
沸騰したら中火にして3分ほど蒸し煮にする。

スポンサードリンク

4.片栗粉を溶いた卵を回し入れ、さっくりと混ぜ、
三つ葉を加え再び煮立ったらフタをして
火を止め1分蒸らせばできあがり!



ブリ

血合いが鮮やかな赤色で
身がピンクで透明感があるものがおいしいブリです。

特に12月~2月は脂がのり身が締まります。

切り身は皮を見ます。
皮が白いものは脂が多めの腹身で、
皮が青い物は背身です。

美味しいブリの切り身の見分け方
1.血合いが鮮やかな赤
2.身がピンクで透明感がある

【ブリのはちみつレモンバター煮のレシピ】

ブリのはちみつレモンバター煮

『材料』
ブリ→2切れ

めんつゆ→大さじ2

水→100ml

バター→大さじ1

はちみつ→小さじ1

レモンスライス→1枚

『作り方』
1.小鍋にブリの切り身、レモンスライス、バター、
めんつゆ、はちみつを入れる。

※みりんのかわりにはちみつで甘さとコクをプラス

2.フタをして3分強火で煮込めばできあがり!



【ヒルナンデス】牡蠣とマグロのおいしい魚の見分け方!アレンジレシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ