【ヒルナンデス】牡蠣とマグロのおいしい魚の見分け方!アレンジレシピも

マグロの漬け丼

2017年12月6日放送の「ヒルナンデス」の
「今が旬!おいしい魚の見分け方を伝授」。

魚料理専門家、是友麻希さんが
おいしい魚の見分け方、レシピも紹介!

ここでは牡蠣の塩辛グラタン&
マグロの漬け丼のレシピの紹介!

スポンサードリンク

カキ

牡蠣は12月~2月が食べごろ。
春は産卵で身が痩せてしまいます。

ひだの色が濃いものが新鮮でおいしい。

古くなってくると薄くなってくるそうです。

また、身に丸みがあり、
貝柱が透き通っているものがよい。

【牡蠣の塩辛グラタンのレシピ】

『材料』
牡蠣→4粒

イカの塩辛→大さじ1

海苔の佃煮→小さじ1

ピザ用チーズ→2つまみ

『作り方』
1.牡蠣を耐熱容器にしきつめる。

2.イカの塩辛と海苔の佃煮、
ピザ用チーズの順で乗せる。

3.②をトースターで10分焼いたらできあがり!


スポンサードリンク



マグロ

マグロは、12月~2月が旬。

白い筋が少ない方がおいしい。

また、筋が直線で、色が鮮やかな
赤色のマグロがよい。

マグロの赤身にサラダ油(ほかの油でもo.k)でつけると
トロのようになる

【マグロの漬け丼のレシピ】

『材料』
まぐろ→ 80g

大葉→ 適量

万能ネギ→ 適量

サラダ油→ 適量

濃口しょうゆ→ 大さじ1

豆板醤→ 小さじ1/10

『作り方』
1.食べやすい大きさに切ったマグロにしょうゆ、
豆板醤、サラダ油を加えよく混ぜ、
3分ほど浸けておく。

2.ご飯を器に盛り、万能ねぎ、刻んだ大葉を敷き、
①のマグロをのせればできあがり!




【ヒルナンデス】タラとブリのおいしい魚の見分け方!レシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ