【たけしの家庭の医学】ミント(ハッカ油)で風邪予防!水分補給も

アロマオイル精油

2017年12月12日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「冬の風邪&ひざ痛&セカンドオピニオン外来」。

ここでは風邪予防に腺毛パワーを活発する方法について紹介!

スポンサードリンク

線毛のパワー

インフルエンザ、風邪などウイルス等による感染症が
急増するこの時期。

近年の研究で風邪を引きやすい人と
引きにくい人にはある違いがあることがわかりました。

その違いを東京女子医科大学病院の玉置淳先生が解説。

玉置先生は身体の中に生えている
腺毛のパワーを落とさないことが重要だといいます。

線毛という、身体を風邪のウイルスから守る存在。

線毛は鼻の奥から気管支にかけて
びっしりと生えています。

その長さはわずか1/100ミリですが
1秒間に15回波打ち続けます。

線毛のおかげでウイルスは喉の奥へ
猛スピードで胃に運ばれ
胃酸によりウィルスが退治されます。

線毛のパワーが衰えると
ウイルスが体内で停滞し、
くしゃみなどの症状を引き起こします。

そのパワーが衰えやすいのが冬。


冬にパワーが衰える理由

①厳しい寒さ
線毛は、温かいほど活発に動きますが
気温が低下すると動きが悪くなるため。

②水分不足
線毛の上の粘液がウイルスを喉の奥へ
運ぶ役割をしています。

しかし、水分不足になると粘液が減少し
ウイルスが停滞し、細胞内へ侵入し増殖、
風邪を引きやすくなります。

夏はのどが渇いて自分で補給しますが
夏と違ってのどが渇く感覚がないため、
気が付かないうちに
水分不足になってしまいます。

冬は空気が乾燥するため、
皮膚や吐く息から気付かないうちに
水分が出ていっているのです。



風邪の予防法

【①こまめな水分補給】

冬の脱水を補うには1日に1.5リットルほどの水分が必要となりますが、
コップ1杯程度の水を7~8回飲めば、十分に必要量が取れるとのこと。

この際、摂取する水分は水やお茶が好ましいそうです。

冬はしっかり水分補給すれば
線毛が活性化し風邪を予防できるといいます。

玉置先生は1時間、2時間ごとに
少量飲むのが良いいいます。

線毛を活発にする水分補給のポイントは
少量の水をこまめに分けて飲むこと。

冬の脱水を補うには1日に
1.5リットルほどの水分が必要ですが、
コップ1杯の水を1日7~8回飲めば、
十分に必要量が取れるとのこと。

さらに玉置先生は水分はお茶や水がよいといいます。

コーヒーやお酒は利尿作用があるので
あまり効率的ではない。

うがいの効果は一時的、
その後に飲むと水分補給もできるとのことです。


【②ミント(ハッカ油)の香りを吸う】

夜寝ている時は水分補給ができないので
ウイルスに感染しやすい。

就寝中も行きや皮膚から水分が蒸発し
ウイルスが侵入する可能性が高い。

そこでオススメなのが、
就寝中にミントの香りを吸うこと。

ミントに含まれるメントールの成分が
繊毛の動きを活発にしてくれます。



夜間の線毛を活性化させるパワーアップアイテム

ドラッグストアでハッカ油として
販売されているミントオイルを使います。

【①ミントタオル】

1.洗面器に水をはる、

2.①にミントオイルを7~8滴たらす。
※ミントオイル原液は刺激が強いので、
入れすぎに注意

3.タオルを浸し、軽く絞る。

このミントタオルを寝室にかけておくだけで
就寝中、メントールが繊毛を活発にし
ウイルスの侵入から守ってくれる
可能性が高まります。



【②ミントマスク】

1.霧吹きに水を入れ、ミントオイルを1滴たらす。

2.マスクに2~3回、①をスプレーする。

ミントマスクの完成。
これをつけて寝ます。

メントール成分で線毛を活発し、
口腔内の乾燥を防いでくれます。



ひざ痛についてはこちら↓
【たけしの家庭の医学】ひざ痛の予防改善にアボカド!レシピも

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ