【世界一受けたい授業】赤玉ねぎに大腸がんの細胞を殺す効果が&1滴の血液でがんの早期発見

タマネギ

2017年12月16日放送の「世界一受けたい授業」は
「今年わかった新常識ランキング3時間SP」。

ここでは”玉ねぎ”に大腸がんの細胞を
殺す力があることや
1滴の血液で13種類のガンを早期発見の
実用化をめざしていることを紹介!

スポンサードリンク

大腸がんに玉ねぎが効く

番組が選ぶ今年わかった16の新常識、
10位はがん。

今年6月、カナダの名門ゲルフ大学が
“玉ねぎ”に大腸がんの細胞を殺す力があると
発表しました。

大腸がんの細胞を培養した容器に
玉ねぎに含まれる成分、ケルセチンを入れると、
がん細胞が自滅していったのです。

特に効果が高いのは赤玉ねぎ

赤玉ねぎの赤い部分に含まれるアントシアニンが
ケルセチンの働きをより活性化させるため
赤玉ねぎを食べる事で
大腸がんの進行を遅らせる事が期待できます。

また、ケルセチンは熱に強く
油と一緒に炒めるとより吸収効率が高まるため
野菜炒めにして食べるのがおススメです。


1滴の血液で13種類のガンを早期発見

もう一つのガンの新常識
2017年8月に国立がん研究センターが
驚きのガン検査方法を発表しました。

スポンサードリンク

ほんのすこしのあるもので
13種類のがんを早期発見できるといいます。

それは1滴の血液

がん細胞から血液中に分泌される
がん患者特有の微粒子を見つける事で
これまでよりも早い段階で
ガンを発見できる可能性があります。

3年後の実用化を目指しているとのことです。



この日の世界一受けたい授業↓
【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防にビタミンD!日光&鮭やしらす干し

【世界一受けたい授業】簡単!煮卵&新感覚たまごかけご飯のレシピ!

【世界一受けたい授業】オニオングラタンスープのレシピ!簡単でおいしい

【世界一受けたい授業】赤玉ねぎに大腸がんの細胞を殺す効果が&1滴の血液でがんの早期発見

【世界一受けたい授業】息止め法のやり方!ストレス解消に

【世界一受けたい授業】糖尿病や生活習慣改善にお酢

【世界一受けたい授業】ブレイン・プログラミング!脳をだまして悩みを解決する方法

【世界一受けたい授業】やせる筋膜リリースダイエット

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ