【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防にビタミンD!日光&鮭やしらす干し

睡眠、風邪、病気、子供

2017年12月16日放送の「世界一受けたい授業」は
「今年わかった新常識ランキング3時間SP」。

体内のビタミンDを増やせば
インフルエンザの発症を
減らせるということがわかりました。
そのビタミンDを補う方法を紹介!

スポンサードリンク

インフルエンザ

番組が選ぶ今年わかった16の新常識、
16位はインフルエンザ。

今年の2月、
東京慈恵会医科大学などの研究チームが
全世界1万人を対象に検証試験をして

体内のビタミンDを増やせば
インフルエンザや 肺炎などの発症を
2割減らせるということがわかりました。

ビタミンDは免疫力をアップさせるのに
必要な栄養素。
体内で作ることが出来る唯一のビタミンです。

しかし冬になると日照時間が短く、
紫外線量が少ないことから
不足しがちになってきます。

冬は夏に比べると血中のビタミンD濃度が
半分程度に減少し、そのため冬に
インフルエンザが流行する理由の
一つとなります。

外へ出て日光を浴びる事が
インフルエンザ予防に有効です。

ビタミンDを補うおすすめの食べ物

一方不足したビタミンDを食べ物でも
補うことができます。

きくらげや干し椎茸などキノコ類は
ビタミンDが多く含まれますが、
東京慈恵会医科大学の浦島充佳先生の
おすすめは鮭。

スポンサードリンク

鮭1切れ(約100g)で成人の1日に必要な
ビタミンDを摂取することが可能です。

鮭はマグロやカツオに比べ
ビタミンDが6倍以上も含まれています。

また、しらす干しも大さじ2杯程度で
1日に必要なビタミンDを摂れます。




この日の世界一受けたい授業↓
【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防にビタミンD!日光&鮭やしらす干し

【世界一受けたい授業】簡単!煮卵&新感覚たまごかけご飯のレシピ!

【世界一受けたい授業】オニオングラタンスープのレシピ!簡単でおいしい

【世界一受けたい授業】赤玉ねぎに大腸がんの細胞を殺す効果が&1滴の血液でがんの早期発見

【世界一受けたい授業】息止め法のやり方!ストレス解消に

【世界一受けたい授業】糖尿病や生活習慣改善にお酢

【世界一受けたい授業】ブレイン・プログラミング!脳をだまして悩みを解決する方法

【世界一受けたい授業】やせる筋膜リリースダイエット

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ