【この差って何ですか】毛玉をできにくくする方法!

洋服、セーター

2017年12月19日放送の「この差って何ですか?」で
毛玉が「できやすいセーター」と
「できにくいセーター」の差が
とりあげられました。

毛玉をできにくくする方法も紹介!

スポンサードリンク

毛玉ができやすいセーターとできにくいセーターの差

冬はセーターを着る機会も多いですが
セーターの天敵といえば毛玉。

ではなぜセーターの中には
やたらと毛玉ができるセーターと
ほとんど毛玉ができないセーターが
あるのでしょうか?

文化服装学院教授の朝日真さんに
解説していただきます。

この差は…素材(繊維)の差

アクリルやナイロンのような
人工的につくられた「化学繊維」か
動物の毛からつくられた
ウールやカシミヤのような「天然繊維」かどうか。

化学繊維はできやすく
天然繊維はできにくい。



なぜ天然繊維は毛玉ができにくい?

毛玉は摩擦によって毛が絡まり発生します。

天然繊維も、化学繊維と同様に
毛玉がたくさんできています。
しかし天然繊維は毛玉ができても
簡単に落ちやすいのです。

なぜ天然繊維は毛玉が落ちてしまうのか?
それは糸の強さ。

化学繊維は糸が強く、天然繊維は糸が弱い。

天然繊維は糸が弱いので
少しの摩擦ですぐに取れてしまうため
セーターに毛玉が残りづらいのです


化学繊維でも毛玉をできにくくする方法

実は化学繊維のセーターでも
簡単に毛玉をできにくくする方法があります。

毛玉ができる最大の天敵は、
摩擦によってできる静電気。

なので静電気防止スプレーを
吹きかけることによってで毛玉を
毛玉を大幅に抑えることができます





また「静電気防止用洗剤」も効果的。

静電気を防止して、
未然に毛玉を防ぎましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ