【あさイチ】まつ毛の老化対策!アイメイクに注意!クレンジングや美容液

目、まつげ

2017年12月21日放送の「あさイチ」の「9時台の企画」
大人のまつげが危ない

まつ毛が老化する原因、
アイメイクの落とし方や
まつ毛美容液の使い方などを紹介!

スポンサードリンク

まつ毛の老化

「若い頃に比べて、まつげが短くなった。
ボリュームが減った」など、「まつげの変化」を
感じたことはありませんか?

それ、「まつげの老化」が原因かもしれません。

年代別のまつげの長さの平均値を見ると、
20代に比べ、50代は0.64mmほど短くなっています。
さらにボリュームも変化。

50代では20代に比べて、1割まつげの量が
減ってしまいます。

なぜ、こんなことが起きるのか。

アンチエージングに詳しい医師に
話を聞きました。

そもそも、まつげは髪の毛と比べ
生え変わりが早いため、土台である
皮膚の状態のよしあしが毛に現れやすい。

若いころは、皮膚の中で毛を作る細胞が
活発に分裂するので、太く長い毛が育ちます。

しかし、年を取ると細胞の活動は低下。
血流も悪くなり、短く細い毛しか
生えなくなるのです。

さらに日頃のアイメイクしだいで
老化は早まってしまいます。


まつ毛へのダメージの原因

【引っ張る力】
メイクでビューラーを
引っ張るように上げます。

まつげエクステは重さが常にかかっています。

パーマだとこれもまたぎゅっと力を入れて
長時間巻いたりします。

こういったものが引っ張る力として
毛根に負担をかけています。

上のまつげは髪の毛を引っ張る
3分の1ぐらいの力で抜けてしまいます。
下のまつげは6分の1の力で抜けてしまいます。

対策法としては繊細な毛なので
なるべく引っ張らない。

ビューラーでもぎゅうぎゅうせずに
押さえるように
優しく使うようにします。



【皮膚へのダメージ】
例えば、つけまつげとかまつげエクステだと
のりが皮膚につきます。

パーマだと薬剤が皮膚につきます。

今のまつげだけでなく
将来まつ毛が生えてくる土台にも
影響しかねません。

皮膚へのダメージは休むこと。

成長には1か月ぐらいかかるので
可能なら1か月ぐらい休むとよいそうです。



まつ毛のケア

日常生活で気をつけてほしいことを
専門家に聞いてきました。

教えていただくのは多くの女性の、
まつげなどのお悩みに応えてきた
美容のスペシャリスト角谷智恵さんです。

【正しいクレンジングの方法】

まつげを育てるための基本。
それは意外にも正しいクレンジングだといいます。

いいかげんなクレンジングでメイクが残ると、
毛根に詰まり毛を育ちにくくしてしまいます。

角谷さんがおすすめするのは
目元専用のリムーバー。

1.適量をコットンに取り中指と薬指の腹にのせる。

2.目の丸みに合わせてコットンを優しく乗せ、
リムーバーをマスカラに含ませる。

3.メイクがなじんだらまつげの先端に向かって
滑らせるように動かす。

※まつげを引っ張らないように優しく行うのがポイント。

アイラインなど目の際は
コットンを四つ折りにして優しく拭き取ります。

同じように下まぶたを拭き取れば
しっかり汚れが落とせます。


【まつげに栄養】
きれいに落とせたら応用編。

まつげに栄養を与えましょう。
最近は、まつげ美容液が人気です。

まつげに張りやコシを与えたりまつげや、
まぶたを保湿したり商品によって
入っている成分もさまざまです。








大切なのは、つける場所。
つけるのは根元

1.まずは、まつげの上から毛と毛の間を
埋めるように塗っていく。

2.さらに、下からはまつげを根元から
すくい上げるようにして塗るとうまく
塗ることができます。



美容液は朝晩の洗顔後など
まぶたとまつげが清潔なときに使います。

先端はチップ、マスカラ、ふでなど
いろいろな形がありますがどれも同じ。

優しくこすらないようにします。

敏感な部分なのでパッチテストを行ってから
使用するようにします。

目尻のまつげの終わるぎりぎりのところに
1滴つけて1日か2日様子を見て
赤みやかぶれがないことを確かめてから
使うようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ