【がっちりマンデー】健康やダイエットにハイレジ!2017儲かりキーワード

大麦

2017年12月24日放送の「がっちりマンデー!!」は
知らなきゃヤバイ?損する!?「2017儲かりキーワード」

その中のハイレジについて紹介!

スポンサードリンク

2017 儲かりキーワード”ハイレジ”

このハイレジで儲かっているのが
繊維の大手「帝人」という会社。

機能性食品素材事業促進班の
北薗英一さんにお話を聞きます

ハイレジとは
ハイレジスタントスターチの略。

消化されにくいでんぷん、
レジスタントスターチを
多く含むのがハイレジスタントスターチ。

ハイレジは糖質制限やロカボなど
新しい単語が出てくるダイエット業界で
“次はこれだ!”と注目される最新キーワード。

レジスタントスターチはデンプンにも関わらず
食物繊維の働きもあり、胃や小腸では消化されず
大腸の奥まで届くと分解され
短鎖脂肪酸という大腸のバリア機能を高めてくれる
物質を生み出し、脂肪を吸収しにくくします。

ハイレジは腸の環境を良くし、
体重増加を抑えたり、
内臓脂肪増加を抑える機能があります。

なのでハイレジな食材なら
肥満が予防できるということです。

そしてハイレジな食材というのが、
スーパー大麦です。





帝人はスーパー大麦を日本国内で独占販売。

レトルトのおかゆやリゾットなどにしたところ
ダイエットが気になる女性を中心に大ブレイク!





グラノーラに至っては2週間で
10万ケースを売る人気に。





そもそも帝人さんは
主に衣類などの繊維を扱う会社。

なぜ食品、しかもダイエット食品の世界に
参入したのか?

そもそも2014年、なにか新しい儲かりビジネスは
ないかと探していた帝人の北薗さん。

そこに、レジスタントスターチという食物繊維に
ダイエット効果があるかも、という情報が。

食物繊維もおなじ繊維だしやってみようと
研究スタート。

ところが肝心のハイレジという食材が
見つからない。

そんな時、オーストラリアの研究機関が
10年かけて品種改良したスーパー大麦を調べてみると
レジスタントスターチの量は穀物の中でダントツ。

普通の大麦と比べても実に4倍!

現在、オーストラリアの研究機関の農場でしか
作られていないスーパー大麦、
その名もバーリーマックス。

この共同開発の契約を結んでいるのが帝人。
日本メーカーの様々な食品メーカーに独占供給。

2016年に買い付けたスーパー大麦の量は
東京ドーム50個分。
それが全部なくなったといいます。

そして昨年と比べて4~5倍、
生産量を増やしているとのこと。

これはまだまだ伸びそうです。



儲かりキーワード↓
【がっちりマンデー】ビットコインとは?2017儲かりキーワード

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ