【たけしの家庭の医学】ひざ痛改善に座布団体操&足上げ体操!

ひざ痛

2017年12月26日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「3大痛みを年内に改善」。

ここではひざ痛改善について紹介!

スポンサードリンク

ひざ痛

ひざ痛は軟骨がすり減り、
炎症が起き痛みが生じ、
根本的に治す方法はないというのが
常識でした。

しかし、軟骨が薄くなっても
劇的にひざ痛を改善できるといいます。

順天堂東京江東高齢者医療センターの
黒澤尚先生によると
ひざ痛の新原因は、
関節のある部分が厚くなることだといいます。

それは滑膜。

ひざ痛の人の膝をエコーでみてみると
水がたまり滑膜が厚くなっていたのです。

滑膜は通常は薄いのですが、
何らかの原因で軟骨がすり減り
軟骨の破片が滑膜に付着し、
炎症が起きて痛みが発生。

これにより滑膜がしだいに厚くなり、
より痛みが起きやすくなってしまうとのこと。


滑膜チェック!ボールペン挟みテスト

現在の滑膜の状態がわかる簡単チェック法。

すでに痛みがある人は滑膜の異常によるものなのか、
また痛みがない人も将来、滑膜の異常でひざ痛が発生する
可能性があるかを見ることができます。

1.ボールペンを用意する。

2.仰向けに寝て、片方のひざを抱える。
※この時点で痛みがある場合は無理に行わないでください。

3.かかとの一番でっぱっているところと
お尻の間にボールペンを挟む。

4.ボールペンから手を放し、
ボールペンが落ちなければ合格です。

両足行いましょう。



座布団体操

黒澤先生考案ののひざ痛改善法。
座布団を使います。

1.2つ折りにした座布団を太ももで挟む。


ひざ痛に座布団体操



2.5秒挟んだら緩める。

これを20回繰り返す。

20回を1セットで朝晩行うと効果的。



足上げ体操

座布団体操に加えて行うとよい体操


ひざ痛体操


1.仰向けに寝て5秒足を上げる。

2.横向きに寝て5秒足を上げる。

20回を1セットで朝晩行うと効果的。


この日のたけしの家庭の医学↓
【たけしの家庭の医学】ひざ痛改善に座布団体操&足上げ体操!

【たけしの家庭の医学】腰痛改善に腰みがきストレッチのやり方!

【たけしの家庭の医学】肩こり改善に輪ゴム体操のやり方!肩甲骨のチェック法も

【家庭の医学】奥薗特製ターメリック味噌アレンジレシピ!認知症予防に

【たけしの家庭の医学】認知症予防に奥薗流ターメリック味噌レシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ