【ゲンキの時間】ティッシュで体幹・呼吸器を強化する方法!by竹井仁

体操

2017年12月31日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「若返り&身体の大掃除SP」。

ここではティッシュを使って
体幹を強化する方法を紹介!

スポンサードリンク

体幹呼吸器強化

三宅裕司さんの身体の悩みの1つは体幹が弱いこと。

首都大学東京・竹井仁先生によると、
アルプホルンをふくと、
たくさんの空気を送り込む必要があるため
体幹の筋肉が鍛えられるとのこと。

玉川アルプホルンクラブの代表の中川重年さん(71歳)の
体幹の筋肉をMRI画像で調べると、同年代の男性よりも
発達していたのでした。

深く息をする必要があるため、呼吸が浅いのを
改善する効果もあるとのこと。

しかし、アルプホルンを吹く
機会はなかなかありません。

そこで竹井仁先生が自宅で簡単にできる、
体幹と呼吸器のトレーニングを紹介。

【ティッシュで体幹強化】

1.ティッシュペーパー1枚を壁に貼り付ける。

2.息を吹きかけて3秒間落ちないようにする。

3秒を5回1セット、朝昼晩行うことで
体幹強化と呼吸機能アップの効果が期待できます。



【ゲンキの時間】SAMのダレデモダンスのやり方・動画!

【ゲンキの時間】認知症予防にデュアルタスク脳トレ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ