奥薗流常備菜レシピ!いわしと厚揚げのつくね!心臓の骨化を防ぐ【家庭の医学】

奥薗流 いわしと厚揚げのつくね常備菜常備菜レシピ

2016年2月17日放送の「たけしの健康エンターテイメントみんなの家庭の医学」は
「今回は名医が認めた新効果!カラダ(秘)老けないSP。
身体の老化を食い止め長生きできる方法を教える。」

2016年4月9日にBSで再放送されましたので紹介します。

ただ、3時間と長いので分けて紹介します。

心臓の心臓の骨化の予防にはカルシウム・EPA・ビタミンKをとる!【家庭の医学】
の続きです。

ここでは「心臓の骨化」を防ぐ奥園流常備菜の
いわしと厚揚げのつくねのレシピを紹介!

スポンサードリンク

奥薗流心臓の骨化を防ぐ常備菜

心臓の冠動脈の骨化を防ぐために必要なのは、「カルシウム」

そして「EPA」と「ビタミンK」。

この3つの栄養素をしっかりとることで
心臓の血管が骨化から守られ、心臓の若返りにつながるとのこと。

しかし、カルシウムなどは一度に多量にとっても体外に排出されてしまうので、
3度の食事で3つの栄養素を一定量摂る小分けの食べ方が効果的。

そこでカリスマ料理研究家・奥薗壽子さんにお願いし、
骨化を防ぐ3つの栄養素が必要なだけ入った常備菜3品。

しかも常備菜ごとに3食分のアレンジができる
スペシャルレシピを考案してもらいます。



常備菜レシピ②

【奥薗流 いわしと厚揚げのつくねのレシピ】

奥薗流 いわしと厚揚げのつくね常備菜常備菜レシピ

『材料』
いわし→2尾

青ネギ→1束

厚揚げ→1枚

オリーブ油→大さじ1

片栗粉→大さじ2

塩→小さじ1

水→1カップ

しょうが→1~ら2かけ

『作り方』
1.いわしを下処理し、親指を中骨の上にのせ、
横にスライドさせて身を開く。

中骨のしっぽ近くをポキッと折ってそのまま引き剥がせば
イワシの手開きの出来上がり。

スポンサードリンク

この状態で5分ほど塩水につけて身を締まらせておく。

2.青ネギは小口切りにしておく。

3.①のいわしの水気を拭き取り、細かく切ってたたく。
たたいたら醤油・生姜と一緒にポリ袋に入れ、よく揉み込む。

細かくたたくことで小骨も食べられるようにする

4.厚揚げを手でちぎって③のポリ袋に入れ、
細かくつぶしながら揉み込む。

厚揚げの粗い部分がなくなるまで
しっかりと揉み込むのがふわふわ食感に仕上がるポイント。

5.最後にネギ・片栗粉、調味料を加えて混ぜ
、揉み込んだら食べやすい大きさに丸める。

6.⑤をオリーブ油をひいたフライパンでこんがりと焼き目をつけ、
蓋を閉め2~3分蒸し焼きにしたら出来上がり。



EPA食材はいわし
カルシウム食材①青ネギ
カルシウム食材②厚揚げ

青ネギはカルシウムもビタミンKも豊富に含んでいて、栄養の万能野菜。

今回使う青ネギ100gはコップ半分の牛乳と同じカルシウム量。

さらにビタミンKも豊富で、こちらはほぼ目標値近くにまで到達。

厚揚げは牛乳の2倍以上の割合でカルシウムが入っている食材で、
厚揚げ1つでカルシウム量は720㎎。
ビタミンKと共に一気に目標量をクリア。

厚揚げがたくさん入っているのでふっくらと仕上がっています。



【いわしと厚揚げのつくね常備菜を使ったアレンジ料理】

アレンジ料理1【照り焼き丼】
醤油やみりんで照り焼きにした照り焼き丼。

アレンジ料理2【イワシつくねバーグ】
ケチャップとソースを絡めチーズをのせれば子供も喜び
お弁当にも最適なイワシつくねバーグに。

アレンジ料理3【つくねのミルクスープ】
白菜と牛乳で煮込めばつくねのミルクスープに。




心臓の心臓の骨化の予防にはカルシウム・EPA・ビタミンKをとる!【家庭の医学】

奥薗流常備菜レシピ!さば缶カレーそぼろ!心臓の骨化を防ぐ【家庭の医学】

奥薗流常備菜レシピ!ぶりと小松菜の煮びたし!心臓の骨化を防ぐ【家庭の医学】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ