【シューイチ】骨ストレッチのやり方!簡単に体が柔らかくなる

ストレッチ

2018年1月7日放送の「シューイチ」の「中山のイチバン」。
体が簡単に柔らかくなる骨ストレッチのやり方を紹介!

スポンサードリンク




骨ストレッチ

松村卓先生が考案した骨ストレッチの本は
10万部を突破。

骨ストレッチは、筋肉で踏ん張らずに
骨から動かし、筋肉に負担をかけないストレッチ法。

人は振り返ろうとしたとき
腰と首の2ヶ所で体をひねります。

しかし鎖骨を意識して体をうごかすと
鎖骨、肩甲骨、骨盤とすべてが連動し、
さらに膝や足首もひねれるため
可動範囲が大幅にアップします。

骨ストレッチは、筋肉・骨・関節の3つで
バランスをとるといいます。



【鎖骨ひねり】

1.親指を下にして鎖骨をつかむ。

2.つかんだ部分を意識しながら動かす。

3.7回笑顔で行う

可動範囲が広がります。



【基本のポーズ】

1.右手の親指と小指をくっつける。

2.左手の親指と小指で右手首にある
ぐりぐりの骨をつかむ。

親指はブレーキ、小指はアクセルの役割があり
親指と小指をつなぐことで筋肉がリラックスした状態に
なるそうです。

そして骨ストレッチの極意は”笑顔”とのことです。






【手首肩甲骨ストレッチのやり方】

肩甲骨周りをほぐすストレッチ。
肩こり解消に。

1.肩幅に足を広げる。

2.右手の肘の角度を90度にする。

3.右手の親指と小指をくっつけて
左手の親指と小指で手首の骨をつかむ。

4.顔はまっすぐで、90度をキープし
腕を後方に7回ひねる(後ろに引く)。

※肩甲骨が動いていることを意識しながら行う。

5.逆側も7回行う。




【手首肩甲骨ストレッチ
はこちらの動画でも説明しています↓



【腰のストレッチのやり方】

前屈がより深くできるようになります。

1.椅子にすわり肩幅に足を開いて座リ
ひざ下を軽くのばす。

2.腕を前に伸ばし基本、ポーズを作る

3.前方のボタンを押すイメージで腰を伸ばす
7回行う。

逆も7回繰り返す

骨ストレッチ

※だんだん伸ばす距離を遠くにしていくことがポイント。




【もも裏伸ばしのやり方】

ももの裏が硬い人に

1.親指と小指でくるぶしをつかむ。

2.お尻を上下に動かしてももの裏を伸ばす。

※くるぶしを結んだ線と中指を結んだTの字を
意識して立つ



中山さんは骨ストレッチ前は-4cmだった前屈が
+12㎝と16㎝も改善したのでした!


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ