【男子ごはん】玉ねぎとりんごのステーキのレシピ!2017年の大反響レシピ1位

スポンサードリンク

いきなり!ステーキ

2018年1月7日放送の「男子ごはん」は
「2017年の大反響No. 1レシピを発表!」。

2017年に放送した中で
もっとも反響のあったレシピを発表する
“男子ごはんアワード2017″。

ここでは大反響レシピ1位の
玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキのレシピを紹介!

男子ごはんアワード2017の1位

玉ねぎとりんごのステーキ

【玉ねぎとりんごのすりおろしソースのステーキのレシピ】

『材料』(2人分)
牛ステーキ肉(3cm厚さ)→2枚(約400g/枚)
塩→小さじ2
黒こしょう→適量
にんにく→2片
オリーブ油→大さじ1/2

(トッピング)
赤パプリカ、黄パプリカ→各1/4個
インゲン(塩茹でしたもの)→5~6本

(ソース)
玉ねぎ→1/2戸(約140g)
りんご→1/4戸(約100g)
にんにく→1/2片
バター→10g

(A)
赤ワイン→100㏄
しょうゆ→65㏄
みりん→30㏄

(ガーリックバター)
バター(常温に戻したもの)→30g
おろしにんにく→1/4片分 
パセリ(みじん切り)→小さじ2



スポンサードリンク



『作り方』
1.牛肉は室温に戻す。
塩、黒こしょうを振って10分おく。

※お肉を室温に戻しておくことで
美味しいレアに仕上がる

※ステーキに下味をつけて10分ほど置いておくことで
味がしっかりと浸透し、おいしく仕上がる

2.ガーリックバターを作る。
バター、おろしにんにく、
パセリを合わせてよく混ぜる。

ラップで包んで円柱状にまとめて
冷蔵庫で冷やし固める。

3.インゲンは長さを半分に切る。
赤パプリカ、黄パプリカは縦半分に切る。
にんにくは半分に切る。

4.ソースを作る。
玉ねぎ、にんにくはすりおろす。
りんごは皮と種を取り除いてすりおろす。

小鍋にバターを溶かし、りんご、玉ねぎ、
にんにくを加えて炒める。

透き通ってきたら(A)を加えて
中火で3~5分煮詰める。

5.スキレットをよく熱してオリーブ油を引き、
にんにくを入れて炒める。

香りが出てきたら牛肉を入れて
中火で4分焼く。

※鉄なべを十分に温めてから優美で4分焼くことで
肉汁を封じ込めることができる

肉から水分出てきたら強火にする。

途中にんにくに焼き色がついたら
肉の上にのせて焼く。
返して2分焼く。

6.空いているところに赤パプリカ、
黄パプリカ、インゲンを加えてさらに2分焼く。

(牛肉は厚さによって多少差が出るので、
様子をみながらお好みの焼き加減に仕上げる。)

7.④のソースをアルミカップに入れて添える。

食べる直前で肉の上にガーリックバターをのせて
できあがり!




【男子ごはん】ピリ辛ぶり大根のレシピ!2017年の大反響レシピ3位

【男子ごはん】ピリ辛砂肝チャーハンのレシピ!2017年の大反響レシピ2位

コメントを残す

このページの先頭へ