【あさイチ】お肌にやさしい入浴法!インバスケアも

スポンサードリンク

お風呂入浴剤

2018年1月9日放送の「あさイチ」の「スゴ技Q」は
肌荒れ解消!取り戻そうツルツルお肌。

ここではお肌にやさしい入浴法と
インバスケアについて紹介!

お肌にやさしい入浴法

肌に潤いを与えてくれるはずのお風呂。
しかし間違った入浴法は肌乾燥な
ど肌トラブルを招きます

お肌にやさしい入浴法を
温泉療法専門医の早坂信哉さんに
教えていただきます

【入浴前には緑茶を飲む】

1回の入浴で失う水分は約800mlといわれているので
、入浴前の水分補給は重要。

特に緑茶を飲むのがおすすめ。

緑茶のカテキンの抗酸化作用が
肌のキメを整えて弾力や潤いを保ってくれます。



【1番風呂は避ける】
1番風呂は塩素が濃いので避けたほうがよい。

人間の皮脂やアカには
塩素の刺激を弱める働きがあるため、
ご主人が入った後の方がおすすめ。

2番風呂が無理な場合はスプーン1杯のレモン汁や
入浴剤を入れるとよい。


【熱いお湯はNG】
42度以上の熱いお湯に入ると、
皮膚のバリア機能が失われ
表面の細胞が傷付いて傷みやすい肌になってしまいます。

また、かゆみの原因物質ができることで
かゆみが増し、肌荒れの原因に。

温度は体がリラッ薄する状態になる
38~40度に設定しましょう。



【つかる時間はは5~10分】
長く浸かると表面の皮脂や保湿成分が
過剰に流れ出てしまうので
乾燥肌の原因になります。

額や鼻に汗をかいたら出る合図です。

湯船に浸かる時間は5~10分ぐらいが目やsy。




【体は泡で洗う】
洗うとき石鹸はしっかりと泡立ててから使います。

体を洗うのに重要なのが肌に優しい泡。

ネットで泡立て、手のひらにのせても
形が崩れないかたさにしたら
肌を傷つけないように素手で優しく洗いましょう。



【入浴後の保湿ケア】
入浴後の保湿ケアのベストタイミングは1分後までです。

1分を過ぎると肌の水分量がどんどん減っていってしまいます。

入浴前と入浴後の皮膚水分量を比べた実験結果を見ると
入浴後1分で、元のおよそ4倍。
それが5分後には、なんと半分に。

さらに15分後では最初の状態と並んでしまい
ついに20分後には、入浴前より乾燥肌になって
しまいます。

そして保湿剤を塗るタイミングは
早ければ早いほど効果が高いとのことです。


スポンサードリンク



インバスケア

入浴中お風呂の中で保湿ケアをする
インバスケアが注目されています。

・入浴剤・ボディソープ
・体に塗るタイプ
・顔用
など色々なものがあります。




【入浴剤・ボディソープ】

保湿成分が多く含まれている入浴剤・ボディソープ。




【体に塗るタイプ】

浴室の中で塗るタイプです。

体に塗ってすぐ流すタイプと
お風呂から出る直前ぬれた体に塗って
そのまま出るタイプのものあります。



【顔用】

湯船に浸かったまま使えるタイプのもの。
湯船につかったままパックケアするものや
顔に3分間塗って流すものなどがあります。







そのほかの乾燥対策はこちら↓
【あさイチ】ガサガサかかと対策!足裏の血行をよくするエクササイズ

【あさイチ】がさがさかかとのケア方法!足裏のパーツモデルが伝授

コメントを残す

このページの先頭へ