【世界一受けたい授業】血圧サージ対策!スリッパとわかめの酢の物

スポンサードリンク

健康法 入浴

2018年1月13日放送の「世界一受けたい授業」のなかの
「1月が一番危ない突然の“血圧サージ”」。

血圧サージのおきる原因や対策などについて紹介!

スポンサードリンク

血圧サージ

今医学界で話題の言葉、血圧サージ。

サージとは高波という意味で
血圧サージとは異常な血圧変動のこと。

血圧サージが長期間続くと
心筋梗塞や脳梗塞のリスクが
高まってしまいます。

日本では600万人から900万人いると
言われています。

若い人でも要注意で、ストレスや睡眠不足、
過度な飲酒など生活の乱れが血圧サージの
引き金になることも。

しかも気温が下がるほど血管が収縮し
血圧は上がるので、気温が最も低い1月は
血圧サージが最も起きやすい時期
でもあるのです。

しかも健康診断では見つかりにくい。

血圧サージ起きやすいのは夜から早朝。

そのため昼間に行われることが多い健康診断では
血圧が正常といわれても要注意です。

被災地で6年以上血圧を測り続けている
南三陸病院 副院長・西澤匡史先生に
解説していただきます。

血圧サージが起きると体の中はどうなるのか。

血圧サージで血圧が上昇すると
大量の血液が流れ血管が膨張し、
その後血圧が下がると血管は縮みます。

これが繰り返されるとだんだん血管の壁がかたく
厚くなっていきます。

その結果、もろくなったり詰まりやすなります。
これが動脈硬化。

この状態で血圧サージがまた起こると、
血管がつまったり破れてしまうことも。

これが脳で起きると脳卒中、
心臓で起きると心筋梗塞となる
おそれがあります。



血圧サージの原因

Q.冬に気を付けたい、
血圧の異常な変動、血圧サージを引き起こす原因に
なる行動とは一体なんでしょうか?




正解は入浴

暖房のない寒い脱衣所へ移動すると、
血管が縮んで血圧が一気に上昇し、
さらに、浴室も寒いため血圧は再び上昇します。

しかし、そのあと熱いお風呂に入ることで、
血管が広がり、血圧は一気に低下します。

入浴するだけで、血圧の急激な上昇や下降が、
引き起こされてしまうのです。

対策として脱衣所に暖房を置いたり
温かいシャワーなどで浴室を温めるとよいそうです。




Q.血圧サージが一番起きやすいのはなん曜日?



正解は月曜日

日曜日、リラックスした体と心は
月曜日の朝、仕事への強いストレスを感じ
血圧が上昇する傾向にあります。

特に男性は月曜日の心筋梗塞が
他の曜日に比べ、30%も高い
というデータも。


【その他の血圧サージが起こる原因】
1.ストレス

2.温度変化

3.過度な飲酒

4.喫煙

5.激しく怒る



血圧サージ対策

【スリッパ】
自宅ではスリッパをはいて
足元の冷え対策をしましょう。

足元の室温が20℃の時と10℃の時で比べると、
20℃の時の平均最高血圧が122mmHgだったのに対し
10℃の時は131mmHgと、
9mmHgも違うというデータがあります。


【わかめの酢の物】
わかめを食べて血圧ダウン。

わかめのわかめペプチドは
血圧を下げる効果が期待できます。

さらにわかめと一緒にとって効果的なのがお酢。

酢の酢酸は、血圧は血中総コレステロール値を
下げる効果が期待できます。

そこでおすすめなのがわかめの酢の物です。



【有酸素運動】

有酸素運動もすすめられていました。

運動すると心臓や肺の機能が高められ
血液の循環がよくなります。

すると体内の余分な塩分が排出され
血圧が低下するといわれています。

コメントを残す

このページの先頭へ