【名医のTHE太鼓判!】利き尻を解消する方法!ギックリ腰の予防にトリガーポイント

2018年1月15日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
「腰痛・肩こり解消!トリガーポイントを探せば ゆがみリセット」。

利き尻を解消する方法を紹介!

スポンサードリンク

利き尻とは?

骨盤に重度のゆがみが見つかったのが
松居直美さん。

レントゲン検査でわかったゆがみは、
左右の高さのズレ。

先日、人生初のギックリ腰になったそうで
生活を見てみると、
腰を曲げないように掃除をしたり、
散歩などの際には冷えを防ぐようにするなど
独自のギックリ腰対策を行っていました。

栗原隆先生によると、
ほとんどの対策はいいのですが
犬のエサやりで
膝を伸ばした状態での前屈は
腰に負担がかかってしまうの
でひざは曲げたほうがいいとのこと。

ゆがみの原因は座る時の癖で
利き腕のように利き尻があり

利き尻とは
骨盤のゆがみで体重がどちらかに
偏ってしまうこと。

足組座り
すべり座り
モデル座り
などが原因。



利き尻を調べる方法

1.椅子に座り、腕を水平にして
左右に傾き、
どちらに行きやすいかで判明します。

2.左右に違いを感じる場合は、
行きやすい方が利き尻となります。

スポンサードリンク



利き尻を解消する方法

左右差がある場合は、腰ではない場所に
負担が掛かっている可能性があり
それがトリガーポイント。

トリガーポイントとは
痛みの引き金となる筋肉のこと。

トリガーポイントの7割は
痛むところと異なるところにあり、
利き尻のトリガーポイントは
太ももの内側。

【利き尻を解消する方法】

1.左右の太ももの内側を手で押してみて、
痛みを感じる箇所をゆっくりほぐすだけ。

利き尻のトリガーポイント

これで改善されていきます。

ほぐした後に利き尻チェックを行い
前と比べて、左右差がなくなっていれば、
利き尻が解消しています。




その他の名医のTHE太鼓判の記事はこちら↓
【名医のTHE太鼓判】寝起きの腰痛を予防するダンゴムシポーズの方法!

【名医のTHE太鼓判】背骨のゆがみにイルカ体操!岡田紗佳の慢性肩こり改善

【名医のTHE太鼓判】ストレートネック改善にペンギン体操!安めぐみ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ