【名医のTHE太鼓判】背骨のゆがみにイルカ体操!岡田紗佳の慢性肩こり改善

肩こり、傷み、女性

2018年1月15日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
「腰痛・肩こり解消!トリガーポイントを探せば
ゆがみリセット」。

背骨のゆがみに
イルカ体操のやり方を紹介!
肩こり改善に!

スポンサードリンク

背骨のゆがみ

身長170センチのスレンダーな体型を生かし
現役モデルとして活躍している岡田紗佳さん。

レントゲン検査の結果、
重度のゆがみが判明。

背骨がS字になっていました。



原因は普段の姿勢にありました。

実は彼女、日本プロ麻雀連盟に所属する
女流麻雀プロ。

長いときは12時間以上
打ち続けるとのこと。

肩こりや首は24時間痛いとのことで
痛み止めの薬を飲んでいました。

姿勢を見るとかなりの猫背。
このまま麻雀は5時間続いたのでした。

晩ご飯は
スマホを見ながらの食事。

膝を立てながらご飯を食べたり
洗面台に足を乗せ歯磨きを
していたのでした。

足をあげたほうが楽なのだそうです。

夜12時、テレビゲームをはじめました。

現役モデルとは思えない大開脚。
5時までゲームは続いたのでした…。



神戸克明先生によると
長時間の座りっぱなしはよくない。
姿勢も最悪とのこと。

そこで神戸克明先生が姿勢を良くなるための
体操を伝授。



【イルカ体操のやり方】

肩こりにイルカ体操

1.両手を合わせて真っ直ぐに上に伸ばす。

2.左に傾けて5秒キープ。

3.元に戻す。

4.右に傾けて5秒キープ。

これを朝・昼・晩に左右5秒を3回行うことで
背骨のゆがみをリセットできます。

左右が均等になるまで行うとよいそうです。




その他の名医のTHE太鼓判の記事はこちら↓
【名医のTHE太鼓判!】利き尻を解消する方法!ギックリ腰の予防にトリガーポイント

【名医のTHE太鼓判】寝起きの腰痛を予防するダンゴムシポーズの方法!

【名医のTHE太鼓判】ストレートネック改善にペンギン体操!安めぐみ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ