【あさイチ】酒かすで肌のコラーゲンがアップ!α−EGが線維芽細胞に働きかける

スポンサードリンク

にきびの女性

2018年1月16日放送の「あさイチ」の
「夢の3シェフNEO」は~酒かす~

ここでは酒かすでコラーゲンアップを紹介!

年々減っていくコラーゲンアップ

肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲン。

皮膚内のコラーゲン密度を
色で画像化できる最新の機械で
22歳の大学生のコラーゲンを見てみると
厚さ2mmの間に隙間なく詰まっています。

白く光っているところは特に密度が高い部分。

一方、56歳の主婦。
コラーゲンを見てみると
コラーゲンが認識できない部分が増え黒く、
すかすか。

コラーゲンが密集していることを示す
白い部分も明らかに少なくなっています。

コラーゲンは0歳を100とすると、
30歳で40%、50歳では20%以下まで
減少してしまうとのこと。

しかし、最新の研究でコラーゲンの減少を
食い止めるすごい食材が発見されたのです。

その食材が酒かすです。

この酒かすが肌のコラーゲンに
どれほど効果があるのか
実験してもらいました。

被験者は50代から60代の女性5人。

酒かすを1週間食べ続け(1日100g)、
その前後でコラーゲン密度が
どう変化するかを調べました。

1週間後、56歳の主婦は食べる前は、
すかすかだった黒い部分にコラーゲンが出現。

密集を示す白い部分も大幅に増加しています。

肌のコラーゲン環境はおよそ23%向上しました。

55歳女性もコラーゲン環境が18%アップ。
特に、皮膚の内側くっきりと、

スポンサードリンク

そして分厚いコラーゲンの白い密集ラインが
出来上がっていました。

結果は5人中4人のコラーゲン環境が
しっかりとアップしていました。



酒かすがコラーゲンを増やす理由

酒かすや日本酒などにしか含まれない
α-EGという成分がコラーゲンを
増やします。

コラーゲンを作っているのは肌の線維芽細胞。
この細胞、年齢とともにどんどん減っていきます。

α−EGはこの細胞に直接働きかけ
増殖させることが確認されています。

尾関さんによればおすすめは、1日50g(甘酒1~2杯分)。

2週間食べ続ければ効果が期待できるそうです。

さらに、α−EGのパワーは加熱しても変わりません。

焼いても、煮ても、炒めても
どんな調理法でも大丈夫とのことです。



酒かすを使ったレシピ













コメントを残す

このページの先頭へ