【あさイチ】ニット(セーター)の毛玉を上手にとる方法!ハサミを使わない

洋服、セーター

2018年1月18日放送の「あさイチ」の「女のニュース」は
これで一網打尽?!ニットの毛玉取り。

ニットの毛玉を上手にとる方法を紹介!

スポンサードリンク

ニットの毛玉を上手にとる方法

どんなニットでも穴を開けずに
簡単に毛玉を取れる方法を
クリーニング技術の講師もしている
田村嘉浩さんんに教えてもらいます。

実は、毛玉を取るのは
プロでも手間がかかるそうです。

中でも気をつけているのがニットの穴あき。

はさみや毛玉取り機といった刃物は
できるだけ使わないといいます。

毛玉のつき具合に応じて順番に使っていくのが
ニットを傷めないポイントだそうです。

粘着テープ→台所用のスポンジ→紙やすり

【粘着テープ】
最初に使うのは紙の粘着テープです。

これを手に巻きつけ、
ニットに軽く押し当てていきます。

毛玉を持ち上げることで
取れやすくする下準備をしてきます。




【台所用のスポンジ】
ここからが毛玉取り。

次に使うのは台所用のスポンジです。

使うのはやわらかい部分と、
かたい部分の2層に分かれたものです。

まずは、やわらかい面を使って
毛玉をかき出すようにスポンジを
水平に動かします。

手で押さえながらニットが
伸びないように小刻みにかけるのがポイント。

それでも取れない場合はかたい面を使います。

こちらのほうがこすり取る力が強くなります。




【紙やすり】

スポンサードリンク

台所用のスポンジで取れないときは
木工用の紙やすりを使います。

目が粗い紙やすりは
穴が開いてしまうかもしれないので
おすすめは400番と600番の紙やすり。

最初は、よりきめの細かい600番を使います。

ここまでしても取れない毛玉は
目の粗い400番の紙やすりです。

やってみると思った以上に
毛玉が取れる手応えがあります。

もっと取りたいと思ってしまいますが
やりすぎるとニットが薄くなるの注意を。



【粘着テープ】
最後のポイント。

もう一度粘着テープをかけていきます。



取れた毛玉が残っていると
それがまた毛玉ができる原因に
なってしまうので、しっかり取ります。

そうすると毛玉が取れたうえに
毛の流れも整い見た目がよみがえります。




薄いニットの場合は
穴あきのリスクもありますので
目立たないところや端っこのところで
試してからにしてください。




【あさイチ】ニット(セーター)の毛玉になりにくい洗濯の方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ