【ごごナマ/助けて!きわめびと】正しい便秘対策!松生恒夫!水溶性食物繊維やオリーブオイル

スポンサードリンク

ココナッツオイル

2018年1月19日放送の
「ごごナマ 助けて!きわめびと」は
「 腸~スッキリしたい!」。

松生恒夫先生に正しい便秘対策を
教えていただきます。

正しい便秘対策

きょうの1人目のきわめびとは
便秘外来の医師松生恒夫さん。







便秘解消に向けて最も大切なことは
排便力をつけること。

排便は腸の中のものが押し出されるのではなく
入ってきた圧力で刺激を受けて腸の壁が動き出す。

これがぜん動運動。

ぜん動運動が上手く行われないと
便秘になります。

便秘は年齢とともに増えていき、
若いときは女性が多いが、
70代以降になると男性も腸の力が若いときより
30%力が落ちるので男性も便秘が増えるとのこと。

【朝コップ1杯の水を飲む。○?×?】
朝コップ1杯の水を飲むのは○。

朝は空腹状態のため水が入ると
大ぜん動運動を起こして排便につながります。

飲み物ならなんでも良い。

通常のぜん動運動は大腸の内容物がゆっくり動く。
大ぜん動運動は大腸の内容物が一気に動く。
この動きによって、内容物がお尻まで届くと
便意を感じるようになります。



【食物繊維たっぷりの食事。○?×?】
食物繊維たっぷりの食事は△。

食物繊維を取ることは良いこと。
しかし、食物繊維には水溶性食物繊維と
不溶性食物繊維の2つあり、
不溶性食物繊維ばかりをとると逆効果に。

スポンサードリンク

玄米は不溶性食物繊維が非常に多く、
消化に悪い。

そのため腸の具合が悪い人には
玄米を勧めないそうです。

水溶性食物繊維は便の滑りを良くする効果があります。



【排便カレンダーをつける。○?×?】
排便カレンダーをつけることは×。

毎日出さなくてはいけないと
神経質になるのが良くない。

ぜん動運動はストレスによって
緊張状態になると鈍くなる。

緊張状態が強いと交感神経が緊張となります。

ぜん動運動は副交感神経が優位の時に動くので
リラックスしている方がいい。

もしつけたい場合は
食べ物をチェックした方がいい。

便通は毎日なくても
週に3回で正常とのこと。



【市販の便秘薬を飲み続ける。○?×?】
市販の便秘薬を飲み続けるのは×。

市販の便秘薬の約7割が刺激性便秘薬で
飲み続けると大腸メラノーシスを引き起こします。

刺激性便秘薬は腸の内側を刺激しぜん動運動を
引き起こし排便する仕組み。

長い期間服用し続けると刺激により
粘膜の細胞が死んでしまう。

しかし、薬をやめて1年経つともとに戻るとのことです。

市販の便秘薬は辛い時に時々服用するのが良い。

ただし、1週間近く効果がない場合は
専門医に診てもらったほうが良い。



便秘対策にオススメの朝食

もち麦ご飯・なめことワカメの味噌汁・漬物・納豆など。

もち麦は粘り気があって水溶性食物繊維が多い。
米ともち麦の割合を2:1で炊くと
美味しく食べられます。

納豆には水溶性食物繊維が多い。

なめことワカメの味噌汁は
なめことワカメに水溶性食物繊維が多く、
味噌には植物性乳酸菌が入っているため
腸内環境を良くしてくれます。

漬物は植物性乳酸菌が多い。

便秘にオススメなのは
エキストラバージンオリーブオイル。

エキストラバージンオリーブオイルは
直接大腸に吸収するので食べ物が滑りやすくなり
排便につながります。

エキストラバージンオリーブオイルは
1日大さじ1~2杯まで。



【ごごナマ/助けて!きわめびと】便秘解消に効く体操と呼吸法!小林暁子

コメントを残す

このページの先頭へ