【世界一受けたい授業】インフルエンザの予防・対策法!感染したらすることベスト3

マスクの女性

2018年1月27日放送の「世界一受けたい授業」
医師10万人アンケートでわかった!
インフルエンザ対策について紹介!

スポンサードリンク

インフルエンザ対策

今年はインフルエンザが猛威をふるっており、
昨年の今の時期は約386万人だったのに対し、
今年や約554万人が確認されています。
港型というウイルス。

そこで今回はインフルエンザ対策を
医師10万人にアンケート。
教えてくれるのは石見陽先生。



インフルエンザの効果的な予防法ベスト5

【第5位:加湿】

・インフルエンザウイルスは湿度が高いと弱るため、
部屋の加湿が大切。

・鼻や喉の粘膜を正常に保つことにより、
ウイルスの侵入を防ぐ。

理想の湿度は、
50~60%といわれています。

室内にいる時は、加湿器などで
湿度調整を心がけることが大切です。




【第4位:予防注射(ワクチン)をうつ】

・感染予防はワクチンだけでは困難とおもわれるがが、
重症化予防は期待できる。

高齢者(65歳以上)のデータでは
発症リスクは約45%防ぎ
死亡リスクは約85%も防ぐという
結果が出ています。

医師自身も88%が予防注射を
うっているとのことです。



【第3位:睡眠・休養をとる】

・睡眠不足は、免疫低下を招く。

ウイルスを退治するのに欠かせない
血液中のリンパ球は、
感染した細胞を攻撃してくれる働きがありますが、
睡眠・休養などリラックスをしている状態のときに
力が高まります。


【第2位:人混みにいかない】

・飛沫感染のため、人混みはうつりやすい。

スポンサードリンク

例えばくしゃみをすると2m離れたところまで
しぶきが飛び散り、1かいのくしゃみで
10万個のウイルスが飛ぶとのこと。

ウイルスを飛散させない正しいくしゃみの仕方は、
そでで鼻と口を押えること。

手で口を覆うと、手にウイルスが付着し
病原体を広げる可能性があります。



【第1位:手洗い】

・手や指から感染する可能性が結構
あることが考えられる。

特に効果的な手洗い方法は、短短い洗い

【効果的な手洗い「短短洗い」のやり方】

1.ハンドソープをつけ、手のひら、手の甲をこすり
指先、指の間、指、手首を合計10秒でもみ洗いをし
その後、流水で15秒すすぎます。

2.これをもう1度繰り返し、
合計2回行います。

1秒の揉み洗いと
15秒のすすぎを2回繰り返した短短洗いは、
30秒の揉み洗いし15秒のすすぎの
1回の手洗いと比べて
手のひらに残っているウイルスの数が
100分の1まで減少したという
実験結果もあるそうです。



インフルエンザにかかった時、最初にやるべきことTOP3

【第1位:マスク】
マスクをする。

感染を広げないことが1番大事。

注意したいのはマスクを外す時に
フィルター部分を触らないこと。

インフルエンザだった場合
フィルターに付着したウイルスが手につくことで、
感染を広げる可能性があります。


【第2位:安静・休養】

病院に早くかかりすぎても、
ウイルスの量が体内で十分に増えていないため
検査で陽性が出ない可能性があるとのこと。

病院に行く目安は、
熱が出だしてから12~48時間の間

が一番いいとのことです。



【第3位:隔離】

自分の部屋で隔離されている状態にすることで、
周りと触れずウイルス拡散を防ぐことができます。




こちらもよろしければどうぞ↓
【世界一受けたい授業】インフルエンザ予防に効果的!短短洗いのやり方&トマトジュース

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ