【この差って何ですか】首まわりが痛い人の症状別対処法!

肩こり、傷み、女性

2018年1月30日放送の「この差って何ですか?」で
首まわりが「痛い」と「痛くない」の差
がとりあげられました。

スポンサードリンク

首まわりが「痛い」と「痛くない」の差

東京医科大学整形外科学分野の
松岡佑嗣医長によると
この差は症状により原因や対処方法が
異なるとのことです。


後ろに首を倒して痛い人

椎間関節に炎症が起こって
痛みがある可能性が高い。

これは姿勢が悪いため
頭が前に倒れるが、前を見るため、
目線を上げようとして、
無理に頭を上げるため、
首の後ろに負担がかり
椎間関節に炎症を起こしてしまう。


【オススメの改善法「アゴ引き訓練」】

1.アゴを引いた状態で、
軽く握った手で引いたアゴを押す。

2.逆側の手で背中を抑える。

3.背中が動かない状態で10秒アゴを押し続ける。

これを朝晩5回ずつ行う。

すると1ヵ月ぐらいで、首が正しい姿勢に矯正され、
効果がみえてくるとのこと。



スポンサードリンク



前に首を倒して痛い人

これは首ではなく
背中の筋肉の炎症の可能性があります。

背中の筋肉が凝り固まり
前に倒すことで引っ張られるため痛みを感じます。

【家庭でできる診断方法】

1.壁にかかととお尻と背中を付けた状態で、
両手を水平に広げる。

2.身体が壁から離れないように手を上にあげていく。

手が60度以上にあがれば特に問題なし。
あがらなければ凝り固まっている状態。


【オススメの改善法は「雑巾がけ体操」】

1.両ひざと片手だけを地面につける。

2.あげている方の手を、内側から前方に向けて、
雑巾がけをしているようにゆっくり手を回す。

3.反対側の手も行う。

これを朝晩、左右5回ずつ行うことで、
1ヵ月ほどで筋肉が緩んでくることが期待できます。



横に首を動かして痛い人

首を回す時は体全体で回しているため
背骨の周りの筋肉の炎症の
可能性があります。

背骨の周りの筋肉が凝り固まると
痛みがでてきます。



【オススメな改善法「タオルの体操」】

1.タオルを両手で持ち、
肩の下あたりの背中にあてた状態で、
まっすぐな姿勢で、
右~左に大きくひねる。

これを朝晩、左右5回ずつ行うことで、
1ヵ月ほどで背骨の周りの筋肉が緩んでくることが
期待できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ