【サタデープラス】バレンタインチョコ!千疋屋、パスカル・ル・ガック、麦チョコ

バレンタインのチョコ

2018年2月3日放送の「サタデープラス」
チョコレートジャーナリストの市川歩美さんが
自腹でも食べたいバレンタインチョコを紹介。

千疋屋、パスカル・ル・ガック、麦チョコ

スポンサードリンク

自腹でも食べたいバレンタインチョコ

1万種類のチョコを食べた
チョコレートジャーナリストの
市川歩美さんが自腹でも食べたい
バレンタインチョコを紹介。





【銀座 千疋屋の「稔り」】

高級フルーツを扱っている千疋屋が
満を持して作ったチョコ。

1玉数万円するというメロンなどを
ぜいたくに使っています。

チョコレートと相性が良い果物を厳選して
使っています。

千疋屋の高級フルーツ果汁を
凝縮しているチョコ。



スポンサードリンク



【ハートボンボンショコラ詰合わせ(パスカル・ル・ガック)】

ショコラ界のジョージ・クルーニーといわれる
パスカル・ル・ガックさんの同名チョコブランド
「パスカル・ル・ガック」。

彼が作るチョコレートはバレンタインシーズン
だけしか日本で購入できない。

日本には店舗がないので
今とても注目されています。

ハート型のチョコ「ハートボンボンショコラ詰合せ」は
今回初めて登場。

日本の女性に向けて愛を込めて
ハートの形をつくったそうです。。

おすすめポイントはハート型の他にも
濃厚チョコと柑橘系フレーバーの調和も特徴。



ハートボンボンショコラ詰合せ
ではないですが↓



【レーマンの麦チョコ「ムーギ」】

一般的な麦チョコですが
老舗のお菓子メーカーが作っていて、
日本で初めての麦チョコ。

1961年に誕生。
ほろ苦いベルギーチョコと
国産小麦のパフが特徴。

レーマン ムーギチョコレート 120g×12袋

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ