【ガッテン】葉酸(ビタミンM)が認知症&動脈硬化予防に!

ほうれん草

2018年1月17日放送の「ガッテン」は
「動脈硬化&認知症からカラダを守れ!」。

葉酸(ビタミンM)について紹介!

スポンサードリンク

葉酸とは?

ほうれんそうや枝豆、レバーなどに
豊富に含まれている葉酸。
葉酸は、ビタミンの一種で
以前はビタミンMと呼ばれていました。

葉酸は妊婦さんにとっては、とても身近な栄養素。

おなかの赤ちゃんの成長や、
貧血の予防のために、産婦人科の先生などから、
妊娠中はもちろん妊娠を計画中の段階から、
葉酸を摂取するよう勧められています。

それはなぜかというと
葉酸は、DNAを作るときに欠かせない存在で
赤ちゃんのカラダの組織を作るときに、
葉酸の摂取が重要なためです。

葉酸の働き

しかしその他にも葉酸の働きがありました。

それは、ホモシステインという
アミノ酸を減らすというものです。

このホモシステインは、脳や骨、血管で
活性酸素を発生させるなどして、
脳の萎縮や骨粗しょう症、
動脈硬化の原因になっていると
考えられています。

そのためこれまでさまざまな研究が
行われてきました。

スポンサードリンク

その一つが、葉酸の摂取量別に
アルツハイマー病の発症率を調べた研究。

最も摂取量が少ないグループに比べて、
最も摂取量が多いグループは、
アルツハイマー病の発症率が半分だったという
データがあります。

他にも、心筋梗塞による死亡率が
40%も低かったという研究データもあります。



葉酸の摂取量

【葉酸が多く含まれている食品】

・ほうれん草・レバー・豆苗
・小松菜・納豆・煎茶・水菜
・菜の花・アスパラガス
・枝豆・オクラ・ブロッコリー
・サニーレタス・いちご・きなこ
・卵・のり・豆腐
などです。

どのくらいとればよいのかというと
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」では、
18歳以上男女の葉酸の推奨量は
1日240マイクログラムとされています。
※妊婦さんは倍の量です。

生のブロッコリーならおよそ2分の1個、
生のほうれん草ならおよそ2分の1束の量です。

では実際の摂取量はというと
日本人の平均葉酸摂取量は、
277と推奨量の240を満たしています。

ちなみに世界では400決められていて、
日本だけが240なのだそうです。

坂戸市では、400マイクログラムを
毎日の目標としています。

※葉酸のサプリメントは、
記載された目安量を守り、
とりすぎに注意。

※ほうれん草に多く含まれるシュウ酸は、
とりすぎると尿路結石のリスクと
なりえますので注意。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ