【ヒルナンデス】お米の選び方!おいしい酢飯やおにぎりの作り方

お米

2018年2月5日放送の「ヒルナンデス」の
「主婦が学びたい10のこと」。

木下優樹菜さん、堀ちえみさんに
お米専門店「(株)スズノブ」のお米マスター
西島豊造さんが酢飯の美味しい作り方や
おにぎりの作り方を伝授。

スポンサードリンク

お米の選び方

お米には産地や品種によって
もっちり、あっさり、硬い、柔らかいなど
れぞれ特徴があるとのこと。

ゆめぴりかは柔らかくもっちり
はえぬきは硬めでややあっさり
あきたこまちは共にバランスのとれたお米など。

そして、お米ごとに合う料理が
存在するそうです。

あっさり系のお米は薄味のおかずに合う。
もっちり系のお米は濃い味のおかずに合う。

例えば、あっさり系の「銀河のしずく」は、
さらさら食べられるため朝ごはん向き。







もっちり系の「ゆめぴりか」は、
濃い味のおかずが並ぶ夕食に向き。







あっさり系、もっちり系を
自分の食生活に合わせて選んだら、
お好みで硬い、柔らかいを選ぶと
良いとのことです。


スポンサードリンク

お米のとぎ方・ほぐし方

お米をとぐ際、1回目は
ミネラルウォーターか浄水器の水で
サッとすすぐ。

さらに、水がほぼ入っていない状態で
指を広げて差し込み、20回ほどまぜる。

お米をほぐす時は底までひっくり返し、
水分のムラをなくす。

さらに、お米を切り離すことで保水幕ができ、
中に旨味を閉じ込めることができる。


おにぎりをおいしくする握り方

おにぎりに合うお米は
硬めでほどよい粘り気がある
米の方が、空気をよく含み
適しているそうです。

おすすめは「はえぬき」。







粒感があって
ふっくらと握ることができる。

しかし、おにぎりの味は
お米の種類よりも握り方で
決まるとのこと。

【握らないでおにぎりをおいしくする握り方】

お米を潰さないように優しく握るのがポイント。

1.まな板の上にごはんをのせる。

2.まな板の上で三角形をつくる。

3.お米を潰さないように優しく海苔を巻く



失敗しない酢飯の作り方

すし酢を混ぜるにはすし桶を使うのがベストですが、
ない場合は、フライパンやバットでも代用できます。
※底が浅いもののほうがよい。

『用意するもの』

すし桶(もしくはフライパンorバット)

ごはん

すし酢
※すし酢の分量はお米3合に対し
すし酢大さじ6杯

『混ぜ方』

1.フライパンに
ごはんをのせ、すし酢を加える。

2.お米を切り離すような感じで、
しゃもじを斜めに入れて混ぜれるだけ

※しゃもじを縦に入れると
お米がつぶれてしまう

※フライパン自体の冷たさで粗熱が取れるので、
うちわを使う手間も省ける

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ