【あさイチ】使いやすいおたまはオパール型(楕円形)&簡単カスタマイズ方法

キッチン、おたま

2018年2月6日放送の「あさイチ」の「キッチングッズ向上委員会」
は“おたま”

スポンサードリンク

使いやすいおたま

新潟・三条市のキッチングッズメーカーへ。

企画開発室部長の山本知幸さんに
話を聞きます。

おたまの容量は3種類
卓上用ミニ
小(50ml)
大(70ml)

売れ筋は味噌汁一杯分になる大(70ml)。

おたまの角度は直径18cm、20cmの鍋を
基準に作られていて、
最もすくいやすく、疲れない角度が120度
なのだそうです。


ベスト・オブ・おたま

山本さんによると、ベスト・オブ・おたまは
楕円形(オーバル型)。

こちらのメーカーでもオーバル型を
10年前から販売しているそうですが、
売り上げはおたま全体の1%にしか
ならないそうです。

お玉はまるいものと思ってる人が
多いそうです。



オーバル型の特徴

・そそぎやすさ
注ぎたい真ん中からスムーズに流れます。

・すくいやすさ
鍋のフチに線で当たるので
鍋の側面についた具材もすくいやすい。

スポンサードリンク





おたまのカスタマイズ

おたまはカスタマイズできるそうです、

キッチングッズメーカーの山本さんによると、
一般的なおたまの角度は120度。

けれども使っている鍋の形に合わせて
角度を変えると良いとのこと。

浅くて広い鍋を使う事が多い人は、
プラス20度ほど鈍角にする。

逆に深めの鍋を使うことが多い人は、
90度近くにしてしまう。

すると深いところからでも
とても使いやすくなります。



【あさイチ】レジェンド松下おすすめおたまグッズ!置き場所解決!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ