【たけしの家庭の医学】中性脂肪を減らすキクイモ&イヌリン量が多い野菜ランキング

サラダ野菜ダイエット

2018年2月6日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
の中性脂肪を減らす科。

中性脂肪を効率よく減らす効果が期待できる
食材キクイモなどの紹介!

スポンサードリンク

中性脂肪

中性脂肪が増えるおもな原因は糖質の摂り過ぎ。

炭水化物のほか、甘いものや
アルコールの摂り過ぎが原因となります。

大事なエネルギー源なのですが、
加齢による筋肉量低下でエネルギーが余り
中性脂肪として血液中にあふれてしまうのです。

中性脂肪の最大の難点は身体に溜まりやすく
減らしにくいことです。

減らしにくい中性脂肪を効率良く改善できる方法を
調べると効率良く減らしている町がありました。

その町は美馬市の北部に位置する徳島・脇町。

中性脂肪が基準値内だった人に
健康のために何をやっているかを聞くと
キクイモが良いとみんなが話します。

弘世先生によるとキクイモには
「イヌリン」という成分が含まれていて、
それが中性脂肪を減らす効果をもたらしていると
いいます。

小腸が糖などの栄養素を吸収します。

たくさんとりすぎると 血管の中に
大量の糖があふれ
中性脂肪が高くなってしまう

そこで活躍するのがイヌリン。

イヌリンは水溶食物繊維で
水分と混ざるとゼリー状になり
血液中に脂肪や糖分を吸収しにくくしてくれます。

また、大腸へ 運ばれたイヌリンは腸内細菌の
善玉菌だけのエサになるのです。

その結果、乳酸菌やビフィズス菌などの
善玉菌が増えていきます。

そして、善玉菌が作る物質が
中性脂肪の合成を抑制してくれます。

スポンサードリンク



キクイモ以外お手頃野菜イヌリン含有量ランキング(100g中)

イヌリンは野菜類に多く含まれていますが、
イヌリンは成分の検出が難しいため
何に多く含まれているなどは研究段階。

そこで、西九州大学の安田先生が
イヌリンが多そうな手頃な野菜の
10種類を予想し、含んでいる量を測定します。

ちなみにキクイモは100g中
18gぐらい含まれています。

6位: トマト→ 0g

6位: ナス→ 0g

6位: シシトウ→ 0g

5位: ヤマイモ→ 0.1g

5位: カボチャ→ 0.1g

5位: レンコン→ 0.1g

4位: アスパラ→ 2.5g

3位: 玉ねぎ→ 4.3g 

2位: ごぼう→ 5.4g

1位: にんにく→ 12.5g








イヌリンで中性脂肪が減るのか検証

イヌリンが豊富な野菜ベスト3で
どれだけ中性脂肪が減るのか検証。

検証に協力してくれたのは中性脂肪が
中々減らないという村上さん(47歳)。

村上さんの中性脂肪を測定すると
152と基準値をオーバーしていました。

イヌリンが含まれている野菜の摂取目標量を
10gと決め5日間行います。

最終日に血液検査を行うと
中性脂肪が基準値内の139まで減ったのでした。



頻尿改善はこちら↓
【たけしの家庭の医学】頻尿改善のくるぶし周りマッサージの方法!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ