【この差って何ですか】体が温まるウルトラ蒸し生姜のレシピ&しょうがの炊き込みご飯

しょうが

2018年2月6日放送の「この差って何ですか?」の
なかの「生姜料理の差」。

一番温まるしょうが料理はしょうがの炊き込みご飯

スポンサードリンク

生姜料理の差

生姜で体を温めたい。

でもその食べ方で大丈夫?
生姜料理の差。

①生の生姜をすりおろしてお湯に…「生姜湯」

②豚肉と一緒に火を通す…「生姜焼き」

③生のまま薬味として食べる…「厚揚げ」

④千切り生姜を炊飯器に…「生姜の炊き込みご飯」

⑤スライス生姜をイワシと煮る…「イワシの煮付け」

この中で体が温まるのは、たった1品!!

それは「炊き込みご飯」。

ショウガに含まれる”ショウガオール”という成分が、
お腹周りの血流を高め、持続的に体を温めます。

しかし、生のショウガには、
ショウガオールはほとんど含まれていません。

ショウガオールを引き出すには、2つの条件が必要。

①約100℃で加熱する

②約30分じっくり加熱する

ショウガの炊き込みご飯の場合、
約100℃で、30分ほど加熱したため効
果を発揮したと考えられます。


ウルトラ蒸ししょうがの作り方

炊き込みご飯よりももっとショウガオールを
引き出せる方法があります。

スポンサードリンク

それがウルトラ蒸しショウガです。

【ウルトラ蒸ししょうがの作り方】

『材料』

しょうが

『作り方』

1.しょうがを皮が付いたまま
1~2㎜の薄さにスライスする。

2.蒸し器になるべく重ならないように並べ、
約30分蒸す。

3.②をバットなどに並べ、天日なら約1日、
室内なら約7日干してできあがり!




ウルトラ蒸しショウガは、
そのまま食べると辛い。、

そのため、生のショウガの代わりに
「厚揚げ」の上にのせたり、
「ショウガ湯」に入れたりするとよい。

ほかにも、ウルトラ蒸しショウガを細かく刻んで、
サラダにかけたり、お味噌汁に入れるなどもオススメ。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ