【たけしの家庭の医学】頻尿改善のくるぶし周りマッサージの方法!

便秘、トイレ、女性

2018年2月6日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」
の中の頻尿を改善する科

頻尿を改善するマッサージの方法を紹介!

スポンサードリンク

頻尿とは?

頻尿に関するガイドラインにると
「起きている時に8回以上トイレに行く人」
が頻尿と定義されています。

6時から21時まで起きている人の場合、
約1時間半に1回行っていれば頻尿を判断されます。

また、就寝中に1回でもトイレに立てば
「夜間頻尿」と判断されます。

頻尿に詳しい獨協医科大学病院の
山西友典先生によると
頻尿患者について2割は脳疾患などが原因で、
残り8割は加齢が原因とのこと。

頻尿の人は、頻尿でない人に比べ
溜まった尿の量が3分の1程度でも
尿意を感じるようになってしまいます。

このように加齢などによる膀胱の変化。

少ない量で尿意を感じる事が
頻尿につながっているのです。


頻尿改善のカギは「くるぶし」。

ではどうしたら加齢に伴う膀胱の変化を
治すことができるのでしょうか?

山西友典先生によると
頻尿改善のカギを握る身体の部分は「くるぶし」。

膀胱は筋肉で出来た袋状の臓器で、
尿が入ると膨らみ、
尿が溜まった事を神経が感知します。

しかし、加齢が進むとこの神経が過敏に反応し
少し溜まっただけで尿意を感じるように
なるとのこと。

この膀胱周りの神経は足の裏にまで伸びており、
くるぶし付近の神経は身体の表面近くを通っています。

膀胱周りの神経もくるぶし周りの神経も
大元ではつながっています。

なので離れていてもくるぶしに刺激を与えることで
膀胱まわりの神経に伝わり、
頻尿が改善します。

スポンサードリンク

欧米ではくるぶし付近への電気刺激療法で
6~8割の患者が頻尿が改善したという
研究結果があります。


頻尿改善マッサージ

【くるぶし周りマッサージのやり方】

1.くるぶしから指4本上の部分にある骨の
すぐ脇の押すと痛みを感じる部分。
「三陰交」というツボ。

ここをやや強めに1分押す。

朝・昼・夜の1日3回行う

※このマッサージで神経を直接刺激するので
尿意改善だけでなく即効性も期待できるとのことです。





頻尿改善マッサージの効果を検証

協力してくれたのは頻尿で悩んでいる島田さん。

トイレに行った回数は検証前は1日23回だったのが、
初日で12回まで減り、
6日目には7回と回数が減っていました。

また、水を500ml飲み、
尿意を感じた時の膀胱を撮影。

検証の前は47分で尿意感じのですが、
今回は1時間20分後に尿意を感じたのでした。

そして、MRIで膀胱を撮影させてもらうと
膀胱が大量の尿をため込んでいるのが
確認されました。




中性脂肪についてはこちら↓
【たけしの家庭の医学】中性脂肪を減らすキクイモ&イヌリン量が多い野菜ランキング

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ