【あさイチ】血圧のモーニングサージ対策!タオルグリップ法

病気、血圧計

2018年2月7日放送の「あさイチ」は
「あなたは大丈夫?冬の血圧スペシャル」。

スポンサードリンク

血圧

血圧は、朝、活動するために上がるのが通常です。

しかし、急激に上がり過ぎる「モーニングサージ」が
頻繁に起こると、血管にダメージを与え、
脳梗塞や心筋梗塞などの
深刻な病につながることが明らかになってきています。

モーニングサージには
「交感神経」が大きく影響しています。

朝は体を活動しやすくさせるために、
「交感神経」が働いてノルアドレナリンを出し、
血管を収縮させます。
すると血圧が上がり全身に血が巡ります。

しかし、朝、交感神経が働き過ぎてしまうと
ノルアドレナリンが過剰に出て、
血圧の急上昇を起こしてしまいます。


モーニングサージを引き起こす原因と対策

この交感神経の働きを起こす要因は
更年期、寒さやストレスなどです。

【朝に交感神経の働きが過剰になる要因】

・力仕事
・あわてる
・緊張
・怒り
・コーヒー(カフェイン300mg)
・月曜日
・飛び起きる
・冷たい床
・トイレ(大)
・ダッシュ・筋トレ
・くしゃみ・せき
・気温が低い
・冷水で洗顔
・タバコを吸う
・睡眠時無呼吸症候群
・降圧剤の切れ目




【モーニングサージの対策】

モーニングサージを予防するには、
交感神経を乱す要因を取り除くことです。

力仕事→起きて1時間以降にする

あわてる→余裕を持つ

スポンサードリンク

緊張→深呼吸をする

怒り→怒らない

コーヒー→
2杯までもしくはカフェインレスにする

月曜日→なし

飛び起きる→早めに起きる

冷たい床→スリッパをはく

トイレ(大)→便秘を防ぐ

ダッシュ・筋トレ→起きて1時間以降にする

くしゃみ・せき→思い切りやらない

気温が低い→部屋を暖める・上着を着る

冷水で洗顔→ぬるま湯で洗顔

タバコを吸う→禁煙する

睡眠時無呼吸症候群→病院へ受診

降圧剤の切れ目→主治医に相談

しかし、これらの要因を全て取り除くのは
難しいです。

そこで、交感神経のバランスを整える対策の
一つとして、タオルグリップ法があります。

こちらも参考にどうぞ↓
【NHKスペシャル】血圧サージの予防、対策にタオルグリップ法!毎日血圧を測る

日野原記念クリニックの久代登志男所長が考案
したタオルグリップ法の紹介。

【タオルグリップ法のやり方】

縦30cm・横80cmほどの
一般的なフェイスタオルを用意します

1.そのタオルを横に2回、縦に1回折る。

2.タオルを丸めて握る。
※親指とほかの指がつかないようにするのがポイント。

3.握るのは1回2分。
それを、左手と右手で2回ずつ行う。

タオルを持ちかえるとき1分程度の休憩を入れましょう。

それを2日に1回、④週間以上続けると
効果が期待できるとのことです。

※強く握り過ぎると血圧上がってしまうので
30%の適度な力、
無理なく2分間握っていられれば
それが大体全力の30%ぐらいの力になります。

血圧サージ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ