【きょうの料理】ラズベリーチョコレートケーキのレシピ!飯塚有紀子

バレンタインのチョコ

2018年2月7日放送の「きょうの料理」

ここでは飯塚有紀子さんのラズベリーチョコレートケーキの
レシピを紹介!

スポンサードリンク

ラズベリーチョコレートケーキのレシピ

チョコレートケーキ
ラズベリーチョコレートケーキ&サラミチョコレート

バットで作る、
混ぜて焼くだけの簡単チョコレートケーキ。

バレンタインにぴったり。

【ラズベリーチョコレートケーキのレシピ】

『材料』
(21×16×深さ3cmのバット1台分
でき上がりは13×13×高さ3cmになる。)

ラズベリー (冷凍)→ 100g

(A)
チョコレート→ 100g
バター (食塩不使用)→ 100g

(B)
グラニュー糖 →100g
薄力粉 →40g
ベーキングパウダー →小さじ1




溶き卵 (L)→ 2コ分

(シロップ)
グラニュー糖 →10g
水 →10ml
ラズベリーの果汁→ 全量

キルシュ→ 大さじ1/2
(さくらんぼが原料の蒸留酒)
※好みで

(チョコレートクリーム)
チョコレート→ 100g

生クリーム (乳脂肪分45%)→40g

バター (食塩不使用)→15g

キルシュ →小さじ1
※好みで

ラズベリー (生)→適宜


スポンサードリンク



『準備』
1. ボウルに重ねたざるにラズベリー(冷凍)を
凍ったまま入れて常温で解凍し、
果実と果汁に分けておく。

2. バットにオーブン用の紙を
側面より1cmくらい高くなるように敷く。

3. オーブンを180℃に温めておく。

4. 10cm四方に切った厚紙を用意しておく。

『作り方』

(生地をつくる)
1.耐熱ボウルに(A)を入れ、
底を沸騰した湯につけてゴムべらで混ぜ、
溶かす(湯煎)。

2.(B)を合わせ、別のボウルにふるい入れ、
泡立て器でざっと混ぜる。

①と溶き卵を順に加え、
粉っぽさがなくなるまでグルグルとよく混ぜる。

3.バットに流し入れ、ゴムべらで表面をならす。
180℃に温めたオーブンで30分間焼く。

4.焼き上がったらバットごと網にのせて
5分間おく。

バットと紙を外して、
生地を網にのせ、冷めるまでおく。

(シロップをつくる)
5.小鍋にグラニュー糖と分量の水を入れて
中火で沸騰させ、冷ます。

ボウルに移し、ラズベリーの果汁、
キルシュを加えて混ぜる。

(チョコレートクリームをつくる)
6.耐熱ボウルにチョコレートを入れ、
底を60℃の湯につける(湯煎)。
※生地の時とは違い、チョコレートだけなので
60℃のお湯で湯煎する

小鍋に生クリームを入れて中火で沸騰させ、
チョコレートに加える。

ゴムべらでゆっくり混ぜ、照りを出す。
バターを加えて溶かし、キルシュを加える。

(仕上げる)
7.④の生地を13×13cmの正方形になるように、
パン切り包丁(または温めた長めの包丁)で
四辺を切り落とし、厚みを半分に切る。

8.裏返したバットの中央に10cm四方の厚紙を敷き、
⑦の生地1枚の切り口を上にしてのせ、
⑤のシロップをはけで塗る。

⑥のチョコレートクリーム1/4量を
パレットナイフで塗り、
解凍したラズベリーを並べて平らにし、
さらに⑥の1/4量を塗る。
※厚紙を敷くのはバットから外しやすくするため。

9.残り1枚の生地の切り口にシロップを塗り、
切り口を下にして⑧に重ねる。

上面全体にシロップを塗る。

10.⑥のチョコレートクリームの残りを
上面と側面全体に塗り、
固まるまで常温に1時間ほどおき、
好みでラズベリー(生)を飾る。

厚紙との間にパレットナイフを入れて
バットから外す。

(そのほか)
型は製菓用の型のかわりに、
バット(21×16×深さ3cm)を使用。
ステンレス製またはアルミ製のものが向く。

チョコレートは
ここでは製菓用スイートタイプの
タブレット状のものを使用。

ミルクチョコレートと
ホワイトチョコレート以外で、
カカオ含有量50~70%の板状チョコレートでも
代用できる。
その場合は細かく刻む。



【きょうの料理】サラミチョコレートのレシピ!飯塚有紀子

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ