【あさイチ】室内の花粉対策!落ちた花粉も吸い込む空気清浄機ほか

花粉症対策

2018年2月8日放送の「あさイチ」の「女のニュース」は
花粉対策・最前線。

室内に気を付けて!花粉対策。

スポンサードリンク

室内の花粉に注意

花粉対策としてよく知られるのが、
マスクをつけるなどの「外出時」の対策。

しかし、最近の研究で、
家のなかに入り込む花粉の量が
非常に多いことがわかってきました。

江戸川区にある花粉対策をしている
日用品メーカーへ。

研究員の山縣さんは家の中に
大量の花粉が運び込まれている事を
実感しているとのこと。

その理由が服についた花粉。

山縣さんの実証実験によると、
1時間の外出で服につく花粉の量を調べたところ、
1着あたり8万個くらい花粉が付いていたのです。

一度入り込んだ花粉は、
除去しないかぎりは室内に残ってしまいます。

それが目や鼻に入ると花粉症の症状を
悪化させる恐れがあります。



家のなかの花粉対策

家に入りこんでしまった花粉の対策法は二つ。

①花粉の除去

室内の花粉を除去するために、
花粉の特性をとらえてつくられた
空気清浄機や掃除機などがあります。

【空気清浄機】

スポンサードリンク

一度床面に落ちた花粉も吸い込める空気清浄機。



【掃除機】





床掃除用の本体にハンディのミニ掃除機もついています。

なのでハンディのミニ掃除機で部屋に入る前に玄関先で
服についた花粉をとると効果的。

また、この掃除機は以前のものより排気機能が向上して、
花粉を完全にシャットアウトできます。


②室内の湿度を50~60%に保つ

花粉症治療を専門とする大久保公裕医師によると、
加湿をすることで、花粉と空気中の水分が結びついて
重さが増すため、花粉を除去しなくても
症状を抑えられるといいます。

1.外出先で着た服には
霧吹きや市販の消臭スプレーなどで
水分を吹きかけ加湿する。

2.加湿器やぬれたタオルを部屋に干す
室内の湿度を50~60%に保つことが、
症状を抑える上で有効とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ