【ごごナマ/きわめびと】加湿器の選び方!スチーム式・気化式・超音波式

加湿空気清浄機

2018年2月9日放送の「ごごナマ 助けて!きわめびと」の
“ピッタリ加湿器”を見極めろ!

スポンサードリンク

冬に必須の加湿器

冬本番。
知らず知らずのうちに部屋の湿度が
20%台になっている事も。

カラッカラの乾燥状態です。

その原因の多くは
エアコンや床暖房電気ストーブなどで
部屋を暖めてしまうから。

乾燥するとお肌やのどへの影響はもちろんの事
この時期猛威を振るうインフルエンザにも
部屋が乾燥するとかかりやすくなるといいます。

そこで欠かせないのが部屋の空気を潤す加湿器です。

実は加湿の方法にさまざまなタイプがあります。

それによって価格はもちろんの事
加湿能力や電気代も大きく変わってきます。

そこで今回はどんな家電も自宅で
必ず分解実験して性能を確認する
体当たり家電ライター藤山哲人さんに
加湿器の選び方を教えてもらいます。



加湿器の種類

加湿器は大きく分けて
スチーム式・気化式・超音波式の3種類。

スチーム式は原理的にはやかんで
お湯を沸かしているのと全く同じ。




気化式は例えると
洗濯物を部屋干しして扇風機を当てると
洗濯物の水分が部屋の中に満たされるが
水分が見えないという仕組みで加湿しています。

超音波式はお部屋に水を小さくして粒状にしてまく
という感じで原理的は霧吹きと同じ。

超音波式はお手入れがいります。

タンクは
カビとかが気になる場合は60度ぐらいの
お湯を入れてゆすいで乾かします

本体は専用ブラシが付いてるので
ブラシや綿棒で軽くお掃除します。










スポンサードリンク




また、最近はハイブリッド式
というのも出てきました。



ハイブリッド式はスチーム式・気化式・超音波式の
3つの中から2つを合体させたもの。






【スチーム式・気化式・超音波式】
スチーム式:電気代は高く
ミストが出てカビ・雑菌が発生しにくい。

気化式は電気代が安いが、
ミストが見えなく、
カビ・雑菌は発生しても飛び散りにくい。

超音波式は電気代が安く、
ミストがたくさん出て、
カビ・雑菌は発生すると飛び散る。



加湿しすぎにも注意

実は加湿しすぎもお肌によくないそうです。

肌の研究をしている医師の田中早苗さんに聞くと
「部屋を加湿しすぎると
外気のほうが乾燥しているので
湿度差で肌に負担をかけてしまう」

ポイントはお部屋と外の湿度差。

加湿された状態のお部屋いると
空気中の水分をどんどん肌が吸収してしまうので
細胞自体がふやけた状態になります。

そうすると細胞同士が隙間が出来てしまうので
その状態で空気が乾燥した外気の方に出てしまうと
隙間の間から水分が蒸発して
より乾燥がひどくなるとのこと。

部屋の湿度はについて
「理想を言うと60%」とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ