【ジョブチューン】高血圧改善に酢ピーナッツ!手足ゆらゆらブラブラ運動も

ピーナッツ(落花生)

2018年2月10日放送の「ジョブチューン」の中の
「冬に気をつけたい病気を予防・改善する最強の食べ物スペシャル」

高血圧に良い食材はピーナッツ。
手足ゆらゆらブラブラ運動も紹介!

スポンサードリンク

高血圧に良い食材

心不全や脳梗塞など、突然死の原因となる「高血圧」。

高血圧の要因は主に2つ。

【①塩分の取り過ぎ】
塩分を摂り過ぎると血液中の塩分濃度が高くなるので、
それを薄めようと血液中の水分量が増加。
その結果、血管への圧力が増し血圧が上がってしまう。


【②血管の収縮】
飲酒・喫煙・生活習慣の乱れによって血管が狭くなり、
その狭くなった血管を血液が通るため、
血管への圧力が増し血圧が上がってしまう。

また、気温が低い冬は血管がより収縮しやすくなるため、
血圧が上がりやすくなります。

さらに屋外・屋内で寒暖差も生まれるため、
血圧の急上昇・急降下が起きやすくなります。




高血圧の効果的な食材を
高血圧治療の第一人者の渡辺尚彦先生に
教えてもらいます。

高血圧に効果的な成分が2つあるとのこと

【①塩分カリウム】
塩分カリウムは、体内の余分な塩分を
外へ出す働きがあります。




【②ポリフェノール】
ポリフェノールは、血管の収縮を抑え
拡張してくれる働きがあります。

塩分カリウムとポリフェノールの2つを
多く含んでる食材がピーナッツです。

カリウムは、
メロンやバナナの2倍ほど含まれます。

ポリフェノールはブルーベリーの
1.5倍も含まれています。

ただ、市販の柿ピーやバタピーではなく、
塩がついてない殻つきや
素炒りのピーナッツを食べます。

スポンサードリンク

目安は1日20粒。

また、ピーナッツは赤い薄皮の部分にポリフェノールが
多く含まれているため、皮ごと食べるのがおすすめ。


ピーナッツのおすすめの食べ方

酢に含まれる酢酸には、血流を改善し
血管を広げる働きがあるため
酢につけるとより効果的。

【酢ピーナッツのレシピ】

『材料』
ピーナッツ→200g

酢→300ml

『作り方』

1.ふた付きの容器ににお酢とピーナッツを入れ
冷蔵庫で寝かせるだけ。

半日でも食べられますが
3~5日後くらいが食べごろです。

お酢は醸造酢ならなんでもいいのですが
りんご酢が甘みが感じられ食べやすいとのことです。



手足ゆらゆらブラブラ運動

渡辺尚彦先生が高血圧に効果的な運動を紹介。

【手足ゆらゆらブラブラ運動】

手と足をゆらゆらぶらぶらとさせるだけ。

筋肉が緩んで血圧が下がります。

1回1分、1日朝、昼、晩の
3回行うのが効果的。



【ジョブチューン】肩こり改善にアボカドレシピ!海苔わさび和え&豚巻き

【ジョブチューン】睡眠負債に解消に乳酸菌入りキムチ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ