【得する人損する人】Yシャツのアイロンのかけ方!ヨレヨレ首元の直し方も!プロが伝授

Yシャツの洗濯

2018年2月15日放送の
「あのニュースで得する人損する人」。

Yシャツの正しいアイロンがけ&
ヨレヨレになったスウェットの直し方を紹介!

スポンサードリンク

プロが教えるアイロン技

クリーニングワンダフルの店主・池森渉さんが
手がけるのはクリーニング店が
作業ミスしてしまった衣服を復元する作業。

アイロンの神と言われているプロに
アイロン技を教えてもらいます。


Yシャツのアイロンのかけ方

【襟】
襟のアイロンがけは端から端に一気にかけるのが
一般的ですが…。

1.片側の端から中央へ向かってアイロンをかけ、
反対側も端から中央へ。

そうすることで、端から端にかけた際にできてしまう、
シワを防ぐことができます。




【袖口】
袖口を広げて表からかけるのが一般的ですが…。

1.丸い形をキープしたまま、
裏から真ん中に一回。

2.そして、左右に一回ずつ、
計3回当てるだけ。



【前立て】
ワイシャツのボタンの部分を前立てといいます。

スポンサードリンク

ボタンを避けながら表からかけていくのが一般的ですが…。

1.裏から一気にかける。

この方法であればボタンがじゃまにならないので
一気にアイロンがけができます。



ヨレヨレになったたスエット(トレーナー)の直し方

首回りのヨレヨレを元に戻す方法は
秘技「ハンコがけ」、

1.ヨレヨレになっている山の部分に、
スチームアイロンで上からハンコを押すように
当てるだけ。

※アイロンといえば横に滑らせますが、
意識してまっすぐ押して
ずらさないことがポイント。

ヨレヨレになる原因は
繊維が横に伸びて山になっている状態。

その山を上から押さえつけることで
広がった繊維がぎゅっと縮まるとのこと。

2.10秒程度、うちわで熱を冷ませば完成。

※アイロンを当てた直後は熱を持っているため、
生地が曲がりやすい。

そのため、熱を冷せば生地が縮んだまま固まります。


もっと伸びきったスエット(トレーナー)の直し方

先ほどのスウェットと違い、
斎藤さんのスウェットは
生地が伸びきってしまい山が無い状態。

これもハンコがけを応用すれば元に
戻るといいます。

1.生地を持ち上げて山を作り、あとは先程と同様に
ハンコのようにアイロンを掛けることで、
生地を縮めていく。

山を作ってはハンコがけ。
これを首1周繰り返す

2.うちわで10秒程度熱を冷ませば完成。

斎藤さんのトレーナーの
生地がギュッと縮まり、
弾力が復活しました!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ