【ジョブチューン】誤えん性肺炎予防にあご持ち上げ体操&カラオケ

かぜ、のど、病気

2018年2月24日放送の「ジョブチューン」は
「名医が お口の健康 徹底チェック&改善SP!」。

ここでは誤えん性肺炎について紹介!

スポンサードリンク

誤えん性肺炎

日本人の死因3位の肺炎。
主な原因が「誤えん性肺炎」。

津田豪太先生によると、
誤えん性肺炎になりやすい人は
朝起きてすぐに水を飲む人。

朝は口の中の細菌が多く、
のどの筋肉もうまく動いていない状態。

その状態で水を飲むと
口の中の細菌が水と一緒に肺に入って
誤嚥性肺炎になるリスクが高い。

朝、起きた時はぶくぶくうがいと歯磨きをし、
口の中をキレイにすることが重要。


誤えん性肺炎になりやすいかをチェック

・食事中にむせることがある

・飲み込むのに苦労する

・かたい食べ物が噛みにくくなった

・よく咳をする

4つのうち2つ以上当てはまる場合は要注意。

注意が必要なのが朝に食べる味噌汁。

液体はのどを通るスピードが速く
誤って気管に入るリスクが高い。

対策としては味噌汁を飲む前に、
とろろや納豆 生卵など
のどを通りすぎるスピードが遅い
ドロドロ、ネバネバした食べ物を
先に食べるようにします。

スポンサードリンク

ほかに誤嚥性肺炎になりやすいのは
枕を使わずに寝る人。

枕をしないと気管が広がってしまうため
唾液を誤嚥しやすくなります。

なので枕を使うことが重要。

また、誤嚥性肺炎を予防するのに良いのが
のどの筋肉を鍛えることです。


のどを鍛える方法

【あご持ち上げ体操】

1.下あごに両方の親指を押しあてる

2.親指で力いっぱい押し返し
5秒間力を入れキープ。

1日5回繰り返すと効果的。



【カラオケをする】

高音や低音を出すと喉が動くため
喉全体の筋肉が鍛えられ
誤嚥予防になります。

また、音域の広い歌を歌うと
より効果的とのことです。




こちらもよろしければどうぞ↓
【世界一受けたい授業】のどをきたえるあご持ち上げ体操!誤嚥性肺炎を防ぐ方法




この日のジョブチューン↓
【ジョブチューン】口臭対策に背伸び&ベロベロ体操!ニンニク臭にはりんご

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ