【たけしの家庭の医学】血管若返りにNO分泌入浴法!ボールを使う

免疫力アップの入浴法

2018年2月27日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
血管を老けさせない!手の握力

血管若返りにNO分泌入浴法の紹介!

スポンサードリンク

血管の老化

血管の老化にはある部分の筋肉が
関係しているといいます。

血管の老化と関係する筋肉は握力。

実験で瓶のフタが開けられた女性8人は
血管年齢が実年齢より若く、
開けられなかった1人は
血管年齢が実年齢より老化していたのでした。

この結果は男性も同様でした。

心血管分野のリーダー原田和昌先生によると
握力を維持できない人ほど
心血管疾患による死亡リスクが高いといいます。

血管年齢が若い人は女性が多い。
それは家事で握力を使うため。

原田和昌先生は
家事程度の握力を使うだけでも
毎日行うことで握力は維持できるといいます。

なぜ握力をよく使っている人は
血管が若く保たれるのか?

その大きな理由がNOが分泌しています。

血管が硬くなってもNOが分泌されれば
やわらかくなります。


NO分泌の確認法

手の平が見えるように両手を開き、
5秒しっかり握ります。

そして手を開くと手の色が白から赤に変化しています。

スポンサードリンク

これは手を強く握ることで血管が収縮、
血流が滞り白色になり
手を開いた瞬間、血管が拡張し
血流が一気に流れたため赤色になります

実はこのとき血管の壁から
NOが多く分泌されているのです。

NOはちょっとした負荷でも分泌されるので
家事をこまめに行うことはかなり効果的。

しかし、家事ができない男性もいるので
簡単にできる血管若返り法を紹介。



血管若返り法

【NO分泌ボール入浴法】

ビニール製のボールを2つ用意します。

ボールを入浴中に両手で握るだけ。

無理のない範囲で何回やってもOK。

お風呂以外でもボールを握れば
NO分泌量UPが期待できるとのこと。

お風呂の熱で血管が拡張し、血流が増えている状態で
握力を使えば血管の内壁はさらに刺激を受け
NOが大量分泌する可能性があるとのことです。




1週間のボール入浴法でどれくらい血管年齢が改善するのか
柴田さん夫妻が検証。



1週間後
ご主人は64歳、検証前は血管年齢は70歳でしたが、
55歳に。15歳も若返りました。

奥さんが65歳、検証前は59歳とすでに若かったのですが
さらに1歳若がえったのでした。

血管やわらか物質NOの分泌量を血液検査で確認すると、
それぞれ検証前を大きく上回ったのでした。




【たけしの家庭の医学】名医おすすめの花粉症の対策3ヶ条!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ