【この差って何ですか】腰痛改善に寝たまま体操!筋肉がほぐれ寝返りしやすい体に

腰痛

2018年2月27日放送の「この差って何ですか」
朝起きて「腰が痛い人」と「腰が痛くない人」の差

スポンサードリンク

朝起きて「腰が痛い人」と「腰が痛くない人」の差

番組で街頭調査したところ50人中32人が
朝腰が痛いと答えました。。

腰痛の時間帯別発生状況の調査によると、
朝8時から10時までに痛くなりやすいというデータも
あります。

専門家の碓田拓磨先生によると
朝起きて腰が痛い人は、
寝返りの数が少ない。

年齢がほぼ同じでどちらも専業主婦の、
朝起きて腰が遺体という石塚さんと、
腰が痛くない長和さんを調査。

夜11時から朝7時まで8時間寝てもらいました。

すると、朝起きて腰が痛くないという長和さんが
37回寝返りをしたのに対し、
腰が痛いという石塚さんは4回しか
寝返りをしなかったのでした。。

仰向けの状態が続くと、
内臓・内臓脂肪の重みが腰に長時間負担をかけ、
血管が押しつぶされます。

そのため、筋肉が炎症を起こして、
起きた時に痛みを感じるとのこと。

ちなみに、内臓・内臓脂肪は体重の
約4割を占めているそうです。

なぜ寝返りの回数が少ない人がいるのかというと
寝返りができない人は、
筋肉がこわばっているため。

スポンサードリンク

つまり、普段動いていないと、
寝返りができない人になってしまう。

そのため、寝返りを打ちやすい体に
するためには全身の筋肉を柔らかく
する必要があります。

しかし、年配で筋力が弱っている方は
体操も難しい。

そこで、寝る前のたった45秒でできる
「簡単寝たまま体操」がオススメ。


寝たまま体操

【肩の筋肉をほぐす体操】

1.仰向けにねて頭の後ろで、指を組む。

2.口から息を吐きながら、
ヒジを広げ、(上から横に)床に押しつける。

3.ヒジを広げたまま、5秒キープ。

4.力を抜いて、戻す。

これを5回寝る前に行います。
5回で、計25秒




【腰の筋肉をほぐす体操】

1.片足を立て、体の反対へ。

2.足を倒しながら、体をひねる。
この時、腰の筋肉を伸ばすことを意識。

3.10秒キープを左右、合計20秒。

腰の筋肉をほぐす体操




寝たまま体操を毎日2週間ほど行えば、
筋肉がほぐれて寝返りを打ちやすい体に
なるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ