【たけしの家庭の医学】名医おすすめの花粉症の対策3ヶ条!

マスクの女性

2018年2月27日放送の
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

名医おすすめの花粉症の対策法を紹介!

スポンサードリンク

花粉症の対策法

今年のスギ花粉の飛散量は関東・東北地方で
昨年の倍になるといいます。

花粉症の対策法を日本医科大学付属病院の
大久保公裕先生に教えてもらいます。

大久保先生は当たり前のことをすれば
症状を抑えられるといいます。

例えばマスクの選び方。
花粉症用のマスクだと一般的なマスクより
花粉を減らす効果が得られます。

今回は大久保先生が推奨する
家庭で徹底したい3ヶ条を検証します。

【家庭でできる花粉症対策法3ヵ条】

花粉を
①持ち込まない

②排除する

③撒き散らさない


花粉症で悩む東京都の堀内さん(54歳)。

堀内さんは夜間にも咳で目を覚ますほど。

1日で鼻をかんだのは18回、咳は25回。
まだ花粉のピーク前でこの状況。

鼻の炎症は陽性。

そこで名医がすすめる3ヶ条を伝授。

・帰宅したら花粉は必ず玄関先で払う。

花粉を払うのは玄関の外。

アウターには毛足が長いものを選ばない。
ポリエステル製のコートなど
花粉が付きにくいものがオススメ

検証2日目。
・鼻うがいで花粉を排除

鼻うがいのやり方
市販されている生理食塩水を器具を使って
鼻から入れて口から吐き出す

そのときのコツは「あ~」と声を出すこと。

スポンサードリンク

声を出すことで生理食塩水がのどに入らないので
むせることなく鼻うがいをすることができます。

・洗濯物は先生のおすすめは部屋干し。
午前の早い時間なら外干しでもOK。

都市部に飛んでくる花粉のピークは
13~15時ごろ。

そのため花粉の少ない夜に洗濯し
午前9時までに干すと良い。

つづいて花粉対策のための部屋掃除。

掃除機は控えめにし、フローリングは拭き掃除に
します。
花粉の季節は掃除機で花粉が舞い上がってしまうため。

また、空気清浄機の置き場所は
奥に置くのではなく
リビングの入り口付近、
人通りの多い場所がおすすめ。

また湿度を約60%に保つと効果的。
鼻やのどの炎症も抑えてくれます。

検証7日目。
最終日に堀内さんはマスクを外していました。

この日は鼻をかんだのは1回。
対策前は18回。
咳は25回から9回に激減。

鼻の粘膜の状態は陰性でした。




【たけしの家庭の医学】血管若返りにNO分泌入浴法!ボールを使う

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ