【ゲンキの時間】糖化ストップ体操と糖化を防ぐ食事!老化を防ぐ

女性、美容、化粧

2018年3月4日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
「肌・骨・血管もコゲる!?知らないと老ける!糖化」。

老化を防ぐ糖化ストップ体操と糖化を防ぐ食事の紹介!

スポンサードリンク

糖化とは?

糖化は、肌が老け込む原因として、
酸化と並んで近年注目されています。

酸化は体のサビだとすれば
糖化は身体のコゲだと言います。

見た目だけでなく、
血管や骨の老化にもつながり、
心筋梗塞や骨粗しょう症など、
さまざまな病気の引き金にもなるとのこと。

同志社大学生命医科学部
糖化ストレス研究センターの
八木雅之先生によると
糖化とは、体内でたんぱく質と
余分なブドウ糖が結びつくこと。

結びついて「AGE」という糖化物質が
発生してしまいます。

認知症の人の脳の中には、
糖化したたんぱく質が溜まっている
という事が分かってきています。

アルツハイマー型の認知症の人は
そうでない人の脳の3倍の糖化物質が
あるといいます。


糖化度チェック

【糖化度チェック】
・朝食を食べない
・早食い、食べ過ぎ
・麺類やパンをよく食べる
・スイーツや甘い飲み物が好き
・食事の時はご飯から手をつける
・野菜はあまり食べない
・運動はあまりしない
・睡眠は6時間未満

チェックが3~5個の人は黄色信号、
6個以上の人は赤信号。

【食生活の習慣】
血糖値が高いと体内に糖が溜まりやすくなり、
糖化を進めてしまいます。

けれども、血糖値が基準範囲内の人も
朝食を抜く、早食い、食べ過ぎなどの
習慣があると、
急激な血糖値の上昇を繰り返すため、
糖化年齢を高めてしまいます。

【運動不足】
運動不足も糖化が進む原因の1つ。
糖が燃焼しきれず、
糖化物質が身体にどんどん溜まってしまいます。

【食べる順番】
野菜を先に食べることで、
糖の吸収を抑制できます。

食事の順番は
以下のようにするとよいそうです。

野菜→肉・魚→ごはん

スポンサードリンク

そしてよく噛んで食べるようにします。

【睡眠】
睡眠には新陳代謝を上げ、
糖化物質を排出する効果があります。


糖化防止・糖化予防法

簡単にできる糖化ストップ体操

【簡単糖化ストップ体操】

1.手をグーにして前にまっすぐ伸ばす

2.その状態でかかとを上げる。

3.かかとを上げたまま屈伸する

体の中で一番エネルギーを消費するといわれる
で大腿筋が鍛えられ、糖の燃焼を促してくれます。

1セット5回を朝・昼・夜の
3セット行うのがオススメ。

簡単糖化ストップ体操



食事で簡単糖化防止

食べる物や食べ方に注意することで、
糖化を予防することができます。

AGEには体内で作られるものと、
体外から摂取する食事があります。

食べ物のAGE値を
見分けるポイントは、調理温度。

生<蒸す・茹でる<煮る<炒める<焼く<揚げる

調理温度が高いほど、AGE値も高くなります。

【緑茶】
緑茶に含まれるカテキンは
糖化によって発生するAGEの生成を阻
害してくれます。

カフェインが苦手な場合には
ルイボスティーでも同じ作用が期待できます。

【カレー】
具材を焼いたり揚げたりせず、
煮込むとAGEの生成を抑える事ができます。



【唐揚げにレモン】
糖化危険度が最も高いですが、
レモンをちょい足しする事で糖化を防げます。

レモンのクエン酸が糖の吸収をゆるやかにするので、
絞るだけでも糖化防止に。

さらにオススメなのが、
鶏肉を揚げる前に、レモン汁をかける事。

レモンをより多く摂取でき、
高温調理をしても糖化物質が
できいくくなります。



【焼肉にヨーグルト】
焼肉には、ヨーグルトのちょい足しが効果的。

ヨーグルトには、食後の血糖値の
上昇を抑える作用があります。

おいしく食べる方法は、
お肉をヨーグルトに漬けて
しっかり揉み込むこと。

ヨーグルトの乳酸菌がたんぱく質を分解し、
糖化を防ぐだけでなく、肉が柔らかくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ