【めざましテレビ/ココ調】名前などを変えたら大ヒット!生茶、明治ザ・チョコレートほか

チョコレート

2018年3月5日放送の「めざましテレビ」の「ココ調」は
○○を変えたら大ヒット!売り上げUPのヒミツ。

生茶、明治ザ・チョコレート、まるでこたつソックスほか

スポンサードリンク

○○を変えたら大ヒット!売り上げUPのヒミツ

【君たちはどう生きるか】

マンガ「君たちはどう生きるか」が
社会現象となっています。

81年前に出版された小説が
初めてマンガ化されました。

読みやすいマンガに変えたことが
大ヒットに結びつきました。


【明治ザ・チョコレート】

明治ザ・チョコレートは、
こだわりのカカオ豆を使った板チョコで、
最初は2014年に発売したのですが
初代の売り上げが芳しくなく、
パッケージを変えたところ大ヒット。

日経トレンディで発表された
2017年ヒット商品ランキンでも堂々の2位。

SNSではこのパッケージを時計の文字盤や
壁紙として使うなど、
リメークを楽しむ現象も起きています。


【生茶】

スポンサードリンク

生茶は元々ヒット商品でしたが、
7~8年前にはピーク時の半分まで売上が低迷。

そこで製造方法を変えたところ売り上げが回復。

もともと茶葉からお茶だけを抽出する
製造方法だったのですが、
リニューアル後は茶葉をミクロン単位に粉砕。
お茶と一緒に粉末状の茶葉もボトルに詰めたのです。

この変化で美味しさは格段に進化。
以前より、お茶本来の旨みを
味わえるようになりました。

しかし、粉末状ならではの問題も!
粉なので中に入れると沈殿してしまうのです。

しかし、「振ったらおいしくなる」と
アピール。

一見デメリットに思える点を
「振ると旨い」というアピールポイント
にしたのです。

ひと手間かける特別感を打ち出すことで、
競合商品と差別化したのです。



【まるでこたつソックス】

岡本株式会社の靴下は
名前を変えて大ヒット。

5年前に発売したときは
「三陰交をあたためる靴下」でした。

冷えに効くと言われるツボ、
三陰交の部分に発熱素材を使用した商品。

そのことを全面に打ち出した名前でした。

しかし難解なネーミングが災いし、
売り上げは冷え込んでいました。

そこで3年前、商品名を
「まるでこたつソックス」に変更したところ
売れ始め、売り上げは17倍に伸びたそうです。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ