【あさイチ】パラパラえびチャーハンのレシピ!井桁良樹!3シェフNEO、定番料理

レタスチャーハン

2018年3月6日放送の「あさイチ」は夢の3シェフNEO

これさえマスターすればラク!三大定番料理
和のサバのみそ煮
洋のオムライス
中のチャーハン

ここでは、中国料理・井桁良樹シェフの
パラパラえびチャーハンのレシピを紹介!

スポンサードリンク

定番料理

家族みんな大好きで、作る頻度も多い“定番料理”。

今回はこの定番料理を、
手間や材料は変えずに、
おいしさだけ一流店の味に変える方法を3シェフ、
日本料理・橋本幹造さん、
フレンチ・秋元さくらさん、
中国料理・井桁良樹さんに
教えていただきます。




チャーハンのレシピ

ごはんがベチャベチャするというお悩み
→ご飯はなるべく炒めない

味がものたりないというお悩み
→とにかく香りをきわだたせる

【えびチャーハンのレシピ】

『材料』(2人分)

サラダ油→小さじ1
レタス→60g
ねぎ(白い部分)→40g

えび→ 100g

サラダ油→ 大さじ1

塩、こしょう→ 各少々

紹興酒→ 小さじ1/2
なければ日本酒でも可

水溶き片栗粉→ 小さじ1
(かたくり粉を同量の水で溶く)

サラダ油→小さじ1

ねぎ(白い部分)→40g

レタス→60g

(ネギ油)
ねぎ(青い部分)→ 1本分

サラダ油→ 大さじ4



チャーハン(1人分)
※1人分ずつ2回炒める

ご飯→200g

卵→ 1個

スポンサードリンク

塩→ ひとつまみ

こしょう→ 少々

紹興酒→ 小さじ1/2

しょうゆ→ 少々

『作り方』
1.えびは、5ミリ角に切る。
レタスは、1センチ幅の帯状に切る。
ねぎ(白い部分)は、みじん切りにする。

2.えびをボウルにいれ、塩、こしょう、
紹興酒を加えて混ぜる。

3.②に水溶きかたくり粉、
サラダ油を加えて混ぜる。

4.フライパンにサラダ油(大さじ1)を入れ、
③のえびを中火で白っぽくなるまで炒める。

※ごはんと炒めるときの加熱時間を
できるだけ短くするため、
加熱が必要な具材は先に火を通しておく。

5.④のえび、レタス、みじん切りにしたねぎを、
それぞれ半量ずつバットなどにまとめておく。

6.ねぎ油をつくる
フライパンに、サラダ油(大さじ4)と
ねぎ(青い部分)を入れて弱火で
5分ほど加熱する。

※ねぎが焦げるまで加熱して、
香りをサラダ油に移す。
これでごはんと具材を炒めることで、
チャーハンの風味がより豊かに。

ねぎはとりだす。

7.ボウルに卵を割り入れ、軽く溶く。
※あまり混ぜない。

8.ねぎ油の半量をフライパンに入れ、
強火で加熱する。

※煙が出るくらいまで加熱し
卵をあえて焦がし、炒め時間を短縮する。

9.塩、こしょう、紹興酒、⑤の具材をのせたバット、
しょうゆをフライパンの近くに用意。

片方の手にごはん、もう片方の手に溶き卵を持つ。

10.溶き卵を⑧の熱したフライパンに入れ、
へらで素早く混ぜたあと、
5秒以内にごはんも入れ、
全体を混ぜながら炒める。

※できるだけ高温を保つため、
フライパンを火から離さず炒める。

※ごはんにあまり触らない。
触りすぎると、粘りが出て仕上がりが
べちゃべちゃになりやすい。

11.フライパンに塩・こしょう・紹興酒を加えて
まんべんなく炒め、えび・レタス・ねぎを
さっと混ぜ合わせ、フライパンのふちから
しょうゆを加えてひと混ぜしてできあがり!




この日の3シェフNEOはこちら↓
【あさイチ】サバのみそ煮のレシピ!橋本幹造さん!3シェフNEO、定番料理

【あさイチ】ふわとろオムライスのレシピ!秋元さくら!3シェフNEO、定番料理

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ