【林修の今でしょ!講座】納豆のネバネバ爆弾のレシピ!医学的に正しい納豆の食べ方

納豆

2018年3月6日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「健康長寿がよく食べる発酵食品
納豆味噌ヨーグルト」。

医学的に正しい納豆の食べ方や
伊藤明子先生の血管&骨を老けさせない
納豆の最強レシピを紹介!

スポンサードリンク

医学的に正しい納豆の食べ方

・納豆はよくかき混ぜる
ナットウキナーゼを最大限にとる食べ方は、
よくかき混ぜる。

混ぜてもナットウキナーゼが増えるわけではない
のですが、糖タンパクが増え
胃酸から守ってくれます。

納豆のネバネバ成分は粘膜保護の効果もあり
花粉症やかぜ対策にもなります。

かき混ぜる回数は、50回ぐらいで
糸を引くくらいがベスト。




・納豆のタレは納豆をかき混ぜた後に入れる。
先にタレをかけると粘りが出なくなってしまうため。




・納豆は冷ましたご飯にかける。
ナットウキナーゼは熱に弱いため
アツアツのご飯にではなく
ご飯を盛って少しおいてから
(その間に納豆をかき混ぜる)
かけるとよい



・納豆を食べるタイミングは夜
血管の天敵、血栓は、
水分補給ができない寝ている時にできやすいため。

もちろん朝夜食べてもo.k。

ただし、摂り過ぎには注意。
1日2パックまで。

納豆菌は強い菌なのでとりすぎると
体の中の必要な菌を殺すことがあります




・納豆は冷蔵庫から出して
しばらく置いてから食べる

常温に置くと発酵が進み
ナットウキナーゼが増えるため。

スポンサードリンク

20分~30分置くのが理想。




・納豆のトッピングにおすすめしないのは生卵
納豆に含まれる美容に良い
ビタミンB群のビオチンの
吸収を妨げるのが卵白。

卵をトッピングする場合は、
卵黄だけをいれるとよい。
温泉卵でもよい。




・血管を老けさせないトッピングはネギとチーズ
ネギに含まれるアリシンには血栓を防ぐ効果があり
チーズのラクトトリペプチドには血管を
しなやかにする働きが期待できます



納豆のネバネバ爆弾のレシピ

納豆レシピ

東大ママドクター伊藤明子先生のおススメの
血管&骨を老けさせない最強レシピ。

・マグロのEPA・DHAが血液中の中性脂肪を減らす

・ねぎ、みょうが、メカブ、亜麻仁油は血管に良い食材

・しらすはカルシウム、&ビタミンDが豊富で骨を強化。

【納豆のネバネバ爆弾のレシピ】

『材料』
納豆
マグロ
しらす
めかぶ
ねぎ
みょうが
卵黄
減塩醤油
だし
アマニ油
ごま油

『作り方』
1.納豆をよく混ぜる

2.卵黄以外の食材を①い加えて混ぜる

3.仕上げに卵黄をのせればできあがり!

※納豆の香りが苦手人は
レモンを絞ると納豆の臭いが抑えられます




【林修の今でしょ!講座】そぼろ納豆&ひっぱりうどんのレシピ!ご当地納豆

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ